Read Article

スズキ新車発売情報2018

2018年にスズキでマイカー買い替えを予定している人はどれくらいいるでしょう?スズキは2017年に人気モデル・スイフトにフルハイブリッドモデルを追加し、スポーツモデルをフルモデルチェンジしました。

2018年はロングセラーモデルが新型に切り替わるタイミングのようで、ジムニーが2018年5月、20年ぶりのフルモデルチェンジを果たします。

また、軽自動車ハスラーの乗用車ワイドバージョン・X BEE(クロスビー)が2018年初頭に追加される予定となっています。

関連記事

それでは、スズキ新車発売情報2018です。

 

スポンサードリンク

 

ハスラーワイド|初頭 新型|

  • ハスラー派生1.0Lモデル
  • 車名はXBEE(クロスビー)
  • コンパクトカーイグニスやソリオの新開発プラットフォーム採用
  • 新開発1.0L 3気筒NAエンジン搭載(アイドリングストップ機構付き)???
  • スポーツモデルは1.0L直噴ターボ(スイフトRS搭載)採用の可能性

 

スペーシア|2018年1月~春 フルモデルチェンジ|

  • 新世代プラットフォームへ一新
  • エンジンの改良
  • 進化型Sエネチャージ(マイルドハイブリッド)採用
  • パーツ見直しの軽量化による燃費改善(クラストップ)
  • 燃費33キロ
  • 室内空間の広さ(後席の居住性改善)と使い勝手を向上
  • 安全性能の強化(カメラ+ミリ波レーダーのブレーキシステム搭載)
  • フルハイブリッド採用の可能性あり
スペーシアの予想スペック
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1740mm
ホイールベース:2425mm
エンジン:直列3気筒DOHC 658cc
最高出力:52ps/6500rpm
最大トルク:6.4kgm/4000rpm
トランスミッション:CVT
燃費:35キロ
価格:150万円

 

ジムニー|5月 新型|

jimny

  • 現行は1998年モデル
  • 本格オフロードモデルを継承
  • 高い「悪路」走破性をさらに追及
  • ラダーフレーム継承
予想スペック
エンジン:R06型直列3気筒ターボ+Sエネチャージ
駆動方式:4WD
トランスミッション:5AGS/5MT
  • 現代の環境性能に対応させる
  • 乗り心地重視の他車種とは差別化

 

カプチーノ|秋 新型|

  • アルトワークスのポテンシャルを搭載
  • FF、4WDモデルとなる
  • R06A型、直3ターボ
  • 新開発軽量プラットフォーム採用
  • 車重700kgでライバルを100kg凌(しの)ぐ軽さへ
予想スペック
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1200mm
ホイールベース:2460mm
パワーユニット:直3DOHCターボ 658cc
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.2kgm/3000rpm
ミッション:5速MT
燃費:22.0キロ
価格:180~210万円

 

追伸情報

関連記事

ハスラー|年月? フルモデルチェンジ?|

  • 新開発プラットフォーム採用
  • エンジン改良
  • 軽量化による燃費改善
  • 使い勝手の向上
  • 安全装備の強化
楽天
Return Top