Read Article

Toyota新型プリウスα|ウィッシュ&アイシス統合|2019年11月発売予想

新型プリウスαは、プリウスがマイナーチェンジで
前後デザインを変更したのち発売ではないかと予想されます。

また、ウィッシュ・アイシスは新型プリウスαに統合し「1つのモデル」扱いとなります。

新型プリウスα|フルモデルチェンジ内容

  • エクステリア変更
  • インテリア居住性向上
  • TNGA新プラットフォーム採用
  • 燃費:33.6キロ予想
  • 次世代安全技術「Toyota Safety Sense」採用

 

スポンサードリンク

 

エクステリア

新型プリウスα (3) 新型プリウスα (4) 新型プリウスα (2) 新型プリウスα (1)新型プリウスα 新型プリウスα2

プリウスがマイナーチェンジで

  • 涙目ヘッドライト
  • ブーメランテールランプ

の形状を変更し、プリウスPHVデザインに近づけるため、上記スクープ画像からも見て取れるように
同じ変更で新型プリウスαも登場となりそうですね。

 

 

エクステリアは変わっても、プラットフォームはプリウス譲りの高性能です。

TNGA新プラットフォーム採用

TNGAトヨタ新世代プラットフォーム引用元:http://toyota.jp

新型プリウスαも新開発プラットフォーム「TNGA」を採用します。
TNGA採用で「空力性能」や「燃費」は向上。

 

 

そして、TNGA構想の一環であるシステム性能の向上も果たされます。

新ハイブリッドシステム採用

トヨタ パワーユニット引用元:http://toyota.jp

見直しを受けたハイブリッドシステム・THSⅡによりエンジンの熱効率・トランスミッションの伝達効率が進化し、
燃費性能25%・動力性能15%の向上を果たします。

現行より飛躍的な燃費達成(33.6キロ予想)予定です。

 

 

そして、インテリア機能にも深く関係する「バッテリーの搭載位置」を見直します。

バッテリー位置見直し

バッテリーを小型化・搭載位置の最適化するためプリウスαになくてはならない

  • 後部座席足元の広い空間
  • ラゲッジスペース拡大

を実現します。3列目の使い勝手も向上することでしょう。

 

 

バッテリーは現行やプリウスと同じく「グレード別」種類分け。

グレード別バッテリー採用

トヨタ プリウス ハイブリッドシステム

新型プリウスαは、現行プリウスαやプリウスと同じく、

  • エントリーモデル:ニッケル水素電池
  • ハイエンドモデル:リチウムイオン電池

を使い分けします。

 

ハイエンドモデルは「高性能リチウムイオンバッテリー」でより電力供給に優れています。

  • EV走行距離
  • モーター出力に使用する電力
  • 電子制御機構の省エネ/高出力化

といった、ハイブリッド特有の性能が高められています。

 

 

ここまでに見てきた内容からスペックをまとめると。

予想スペック

全長:4645mm
全幅:1775mm
全高:1575mm
ホイールベース:2780mm
エンジン:直列4気筒DOHC 1.8L+モーター
最高出力:110ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgm/4000rpm
システム出力:150ps
重量:1660キロ
燃費:33.6キロ
価格:270~330万円

 

 

そして、2018年に発売となるプリウスαは次世代安全技術「Toyota Safety Sense」採用。

第2世代・予防安全技術「Toyota Safety Sense」採用

トヨタToyota Safety Sense P

Toyota Safety Sense Pに採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに性能を向上。

  • カメラ・レーダーの性能向上等により検知対象を拡大し機能を向上
  • 高度運転支援機能レーントレーシングアシスト(LTA)を採用
  • ユニットを小型化し搭載性を向上

詳しくは、以下の記事にまとめています。

 

 

そして、ハイブリッドの4WDといえば「E-Four」
新型プリウスαには搭載されるのでしょうか。

4WD搭載はある?

プリウスに「ハイブリッド4WD/E-Four」が搭載されました。
派生車である新型プリウスαに採用されることが期待されます。

ですが、「E-Four」をプリウスαに採用できるかは、

  • バッテリーの搭載位置
  • 4WD駆動用リアモーター搭載スペース確保

次第となります。

 

 

参考として「E-Four」の仕組みを見てみましょう。

プリウスの4WDシステム

前輪と後輪をつなぐプロペラシャフト(エンジン動力を伝える軸)を無くし、
フロント駆動モーターと「別に用意されるリアモーター」で後輪を駆動する
4WDシステム(ハイブリッド4WD/E-Four)を採用しています。

トヨタ プリウス 燃費・走行性能 E Four トヨタ自動車WEBサイト

 

 

追伸情報

関連記事

「ミニバン」フルモデルチェンジ一覧

そして、新型プリウスαはスクープ画像から見て「SUV」カテゴリに移行する可能性も出ていますね。
フォルムが似ており協業のMazda CX-8も影響を与えているのかもしれません。

「SUV」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:http://toyota.jp

 

最後に、参考として、現行プリウスαの評判・評価をお伝えしておきます。

【評判・評価】現行プリウスα

良い点

  • 7人乗りでも燃費26.2km
  • 3列シートミニバンにしては燃費良好
  • 全グレード:26.2km燃費
  • 価格267万円から購入可能でハイブリッドとしては買い得
  • 屋外でAC100V電源が使える(5人乗りのメーカーオプション)
  • 停電でもプリウスαの電気でスマホ充電/パソコン起動が可能

悪い点

  • ミニバンのジャンルだけどスライドドアが無い
  • 小さな子供がいる家庭では使い勝手が良くない
  • 3列目シートは2名乗車できるけど狭くて乗車に向かない
  • シャトルデザインのため車内空間や荷室が狭い
  • ミニバンにしては車内は窮屈で荷室空間は小さい
Return Top