Read Article

レクサス新車発売情報2017

レクサス(Lexus)はトヨタの高級ブランド。

1989年に米国で展開が開始され、2005年からは世界65か国で展開しています。

アメリカでこんなに早くからあったブランドという事実は意外でした。世界的に見るとまだ歴史は10年と浅いですね。

しかし、2016年(1~12月)の世界販売実績は67万7615台。4年連続で過去最高を更新したと発表がありました。(2017年2月現在)

このうち日本では5万台売れています。北米・中国・欧州・日本の順で多くの販売台数を占めています。

販売をけん引している人気モデルは、NXやRXのクロスオーバーSUV。全体を通して、販売台数はまだまだ伸びています。

スポーツモデルRC Fカッコいいですよね。^^

このツイートの方のような「ラグジュアリーライフスタイル」を実現してくれるのがレクサスブランド。

レクサスモデルは、生産の各工程で専門の職人による手作業(形成・塗装)が入り、機械生産だけではない「人の感性」を採り入れています。

その工程を経ているから、あの美しい造形や深い色が出せるんですね。

それでは、レクサスの新車発売情報2017をまとめています。

 

スポンサードリンク

 

HS(1月16日 特別仕様車)

  • 特別仕様車「Harmonious Style Edition(ハーモニアス スタイルエディション)」設定
  • HS250hベース
  • シルバーメタリック塗装のフロントグリル採用
  • メッキリヤガーニッシュ採用
  • 専用内装色シート2色(ファブリック/Ltex合成皮革)採用
    ブラック&ブルー(ブルーステッチ)
    アイボリー&ベージュ(アイボリーステッチ)
  • ボディカラーを各4色設定(内装色に合わせて)
    ブラック&ブルー内装色:ソニッククオーツ/ソニックチタニウム/グラファイトブラックガラスフレーク/ディープブルーマイカ
    アイボリー&ベージュ内装色:ソニッククオーツ/ソニックチタニウム/グラファイトブラックガラスフレーク/レッドマイカクリスタルシャイン
  • 衝突回避支援/被害軽減機能を標準設定
    プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー方式)
    レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

 

LC(3月16日 新型)

  • 北米モーターショー2017で展示(初公開は北米MS2016)
  • 東京モーターショー2017で発表予定。
  • ラグジュアリークーペモデル
  • エンジン:5.0L V8(LC500)/3.5L V6ハイブリッド(LC500h)
  • 新開発LNGAプラットフォーム(FR)採用
    LNGAはTNGAのレクサス呼称

 

LCの予想スペック

全長:4760mm
全幅:1920mm
全高:1345mm
ホイールベース:2870mm

LC500(トップモデル)

エンジン:5.0L V8 NAエンジン
最高出力:477ps/7100rpm
最大トルク:55.1kgm/4800~5600rpm
価格:1300万円

LC500h

システム:マルチステージハイブリッド
エンジン:V6 3.5L
最高出力:220kW/6600rpm
最大トルク:348Nm/4900rpm(Max264kW)

 

マルチステージハイブリッドとは?

2つのモーターを利用するレクサスのハイブリッドシステムに自動変速機構を組み合わせたことで、エンジンとモーターの出力制御が可能となるシステム。

エンジンを高回転化。低速域でもエンジンの使用域を高回転まで拡大できるため、スタートから力強い走り出しが可能。

また、幅広い回転域で効率を選択でき、EV走行領域の拡大と合わせ、走りと燃費を両立する。

 

CT(8月 ビッグマイナーチェンジ)

  • デビュー6年目のマイナーチェンジ
  • フロント/リアのバンパー回りを一新
  • ヘッドライトデザイン変更
  • 価格はほぼ同一

レクサスCT200hの現行スペック

全長:4350mm
全幅:1765mm
全高:1460mm
室内長/幅/高:1765/1470/1135mm
ホイールベース:2600mm
トレッド前/後:1535/1530mm
エンジン:直列4気筒DOHC 1797cc+モーター
最高出力:99ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgm/4000rpm
モーター出力:82ps
モータートルク:21.1kgm
最小回転半径:5m
車両重量:1380キロ
乗車定員:5名
燃費:30.4キロ
価格:366万2000円(~460万8000円)

 

NX(10月 マイナーチェンジ)

NX300新グレード追加

NX300

  • 3.5L V6気筒エンジン搭載
  • 予防安全パッケージLexus Safety System+新採用

3.5L V6エンジン

最大出力:262ps/6000rpm
最大トルク:34.2kgm/4600rpm
トランスミッション:8AT

 

LS(秋冬 新型)

  • 全長5mロングボディ
  • ミラーレス仕様をオプションとして採用
  • V6 3.5L直噴ターボ「V35A-FTS」搭載(メインエンジン)
  • 最高出力:420ps
  • 最大トルク:58kgm
  • アイシンAW製10速AT採用

他のラインナップ

レクサスLS550Fスポーツの予想スペック

全長:5225mm
全幅:1900mm
全高:1500mm
ホイールベース:3050mm
エンジン:V35A-FTS V6 DOHCターボ 3456cc
最高出力:420ps/6000rpm
最大トルク:58.0kgm/1500~4000rpm
燃費:11キロ
価格:1400万円

【動画】LEXUS New LS

 

RX(12月 新型)

  • 全長+100mmのロングモデルを追加
  • 3列シート/6~7人乗り

グレード

RX350L

3.5L V型6気筒DOHCエンジン

RX450hL

3.5L V型6気筒DOHCエンジン+モーター

最高出力310ps

 

UX(12月 新型)

  • レクサス版C-HR
  • NXの下に位置するコンパクトSUV
  • TNGA採用モデル
  • 搭載予定パワーユニット
    1.8L直4+ハイブリッド(UX250h)
    2.0L直4ターボ(UX200t)
    2.5L V6NA(UX250)※海外モデル

 

レクサスUXの予想スペック

全長:4400mm
全幅:1900mm
全高:1520mm
ホイールベース:2640mm
エンジン:直4DOHCターボ1998cc
最高出力:238ps/4800~5600rpm
最大トルク:35.7kgm/4800~5600rpm
トランスミッション:6速AT

 

【動画】UXコンセプト

 

2018年以降のモデル。。。

LS F(2018年3月 新型)

  • レクサスの最上級モデルLSにFスポーツ追加
  • LS FのライバルはSクラスAMGラインや7シリーズMチューニング

予想スペック

全長:5225mm
全幅:1900mm
全高:1500mm
エンジン:V6 3.5L直噴ターボ搭載
出力:420ps/6000rpm
トランスミッション:10AT(FR)

 

GS(2018年後半 フルモデルチェンジ)

  • キープコンセプトでモデルチェンジ
  • パワートレーン
    直列4気筒/2.0Lターボ/2.5Lハイブリッド/3.5Lハイブリッド継続

GS F(2019年発売予定)

  • 新開発4.0L V8ターボ搭載(現行5.0L V8)※LC Fにも搭載予定
  • 最高出力550ps。10速AT搭載

GS Fの予想スペック

全長:4920mm
全幅:1880mm
全高:1440mm
ホイールベース:2850mm
エンジン:V8 DOHCターボ3996cc
最高出力:550ps
最大トルク:60kgm
トランスミッション:10AT
価格:1200万円

 

LC F(2018年秋 新型)

  • ラグジュアリークーペのFスポーツ登場
  • V8 4.0Lで600馬力発生するモデルへチューニングされる

LC Fの予想スペック

全長:4770mm
全幅:1920mm
全高:1345mm
ホイールベース:2870mm
エンジン:4.0L V8 DOHCツインターボエンジン
最高出力:612ps
最大トルク:65kgm
トランスミッション:10AT
価格:2000万円以上

 

追伸情報

東京モーターショー2017出典予定モデル

  • LS F
  • GS F
  • LC F

東京モーターショー2017は、10月28日(土)~11月5日(日)開催。

場所:東京ビッグサイト

 

Return Top