エクストレイル特別仕様車2016「20Xtt」20Xエマージェンシーパッケージベース

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%ab%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95%e6%a7%98%e8%bb%8a2016

 

日産はガソリン車の20Xエマージェンシーブレーキパッケージをベースとする特別仕様車20Xttを発売。

安全性や使い勝手を高める特別装備として

  • LEDヘッドランプ
  • フォグランプ
  • リモコンオートバックドア
を採用。

その他、エクステリアや先進安全機能を標準装備しています。

発売日は2016年11月24日

価格帯は282万8520円~310万7160円。


スポンサードリンク
 

 

エクストレイル特別仕様車20Xttの特別装備

%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95%e6%a7%98%e8%bb%8a%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%ab-20xtt1
引用元:http://car.watch.impress.co.jp/

20Xエマージェンシーブレーキパッケージをベースに

エクステリア

  • LEDヘッドランプ
  • フォグランプ
  • リモコンオートバックドア
  • 専用18インチアルミホイール(タイヤ225/60R18)
%e6%97%a5%e7%94%a3%e3%80%81led%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%84%e5%b0%82%e7%94%a8%e3%83%9b%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%a9%e8%a3%85%e5%82%99%e5%85%85 %e6%97%a5%e7%94%a3%e3%80%81led%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%84%e5%b0%82%e7%94%a8%e3%83%9b%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%a9%e8%a3%85%e5%82%99%e5%85%85
引用元:http://car.watch.impress.co.jp/

 

先進安全装備

%e6%97%a5%e7%94%a3%e3%80%81led%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%84%e5%b0%82%e7%94%a8%e3%83%9b%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%a9%e8%a3%85%e5%82%99%e5%85%85
引用元:http://car.watch.impress.co.jp/

 
  • 移動物検知機能付きアラウンドビューモニター
  • インテリジェントパーキングアシスト
  • 後側方車両検知警報
  • Nissan Connectナビゲーションシステム
Nissan Connectナビゲーションシステムは、ナビやオーディオをコントロール可能なステアリングスイッチと連携します。

 

エクストレイル特別仕様車20Xttの価格

2WD

20Xttエマージェンシーブレーキパッケージ(FF/2列シート)
282万8520円

20Xttエマージェンシーブレーキパッケージ(FF/3列シート)
290万880円

4WD

20Xttエマージェンシーブレーキパッケージ(4WD/2列シート)
303万4800円

20Xttエマージェンシーブレーキパッケージ(4WD/3列シート)
310万7160円

 

エクストレイルの特徴

2000年に発売され16年目を迎えるクロスオーバーSUV。現行は2013年に発売された3代目。

 
  • ALL MODE 4×4-i
  • シャシー制御技術
といった、優れた4WD性能と世界初採用の技術を組み合わせた本格派SUVです。

高い走破性を持つモデルでありながらも、エマージェンシーブレーキ、インテリジェントパーキングアシスト付アラウンドビューモニターなど、様々な先進機能を併せ持つ点がユーザーに好評。

 

20Xエマージェンシーブレーキパッケージのスペック

2015年12月16日/マイナーチェンジ
  • エンジン:1997cc
  • 最高出力:108(147)kW(PS)/6000rpm
  • 最高トルク:207(21.1)N・m(kgf・m)/4400rpm
  • 駆動方式:FF
  • トランスミッション:CVT
  • 定員:5
  • 全長:4640mm
  • 全幅:1820mm
  • 全高:1715mm
  • 車両重量:1440kg
  • 最小回転半径:5.6m
  • JC08モード燃費:16.4km/L
  • 燃料:レギュラー
  • 燃料タンク:60L
  • タイヤ:225/65R17
  • 平成27年度燃費基準+10%達成

オプション/装備

  • ABS:標準装備
  • 横滑り防止装置:標準装備
  • 運転席/助手席エアバック:標準装備
  • 運転席/助手席サイドエアバック:オプション
  • 後部席カーテンエアバック:オプション
  • アイドリングストップ:標準装備
  • クルーズコントロール:オプション
  • カーナビ:オプション
 

エクストレイルの評判・評価

長く付き合っていけるクルマ

エクステリアに惚れて購入。日産マークやリアデザインの平凡さなど賛否あるようですが、私は気になりませんでした。

黒基調のインテリアで手が触れる範囲の装備はほとんどソフトパットを使っているので、プラスチック感が少なく良いです。

走りは普通に走る分には満足。高速道での追い越しにも不満はありません。

乗り心地はフロントシートのフィット感が素晴らしくいいです。長距離のドライブ後でも、肩こりや腰痛が軽減されています。

ただ、道路環境によってはひどくロードノイズを拾い後席の乗員がびっくりするほどのことがありました。要改善点ですね。

燃費は街乗り12キロ。総じてとても満足のいくSUVモデルです。

シルバーのエクストレイル

デザインは秀逸です。好みもあると思いますがシルバーというこどもあり、塊感があってカッコいいと周りからも言われます。

下位グレードを購入しましたが、インテリアは極端に安っぽくもなく驚きました。プラスチック感もなくよくまとめられていると思います。

2.0Lガソリン車ですが、車重もあるので出足はモッサリ。しかし、エンジン音は加速時も音は少なく、ペースに乗ればかなり静かです。ベタ踏みしたときはそこそこ速いです。

乗り心地は砂利道くらいなら揺れも少なく安心感があります。

購入に関して言えば、フォレスターに比較すれば買い得感は高いです。

インテリアは高級感ある

SUV感に溢れていてボディサイズが大きいです。インテリアには高級感があり居住性もいいと思います。シートヒーターは未使用ですが冬の季節に重宝しそうです。

エンジンは中速域重視で扱いやすい。特にコレといった特徴はないですが(笑)そこがいいところ。加速はCVTの滑らかさがあっていい。下りでアクティブエンジンブレーキがよくきいてくれます。

また、クルーズコントロールは楽ですね。プロパイロットのようで好きです。

乗り心地には安定感があります。燃費は街乗り11キロ、高速16キロ。2.0L、エコモードなしでこの数値は「こんなものだろう」という感想です。

引用元:http://kakaku.com/

スポンサードリンク