Read Article

新型カローラ2018年秋~2019年春発売「セダン/ワゴン/ハッチバック」TNGAデビュー

トヨタは、カローラシリーズを2018年秋(セダン/フィールダー)~2019年春(5ドアハッチバック)にかけて、12代目へフルモデルチェンジする予想となっています。初めは2018年夏に新型となる予定でした。

しかし、2017年10月、モデル刷新に近いマイナーチェンジを行うため、延期されたとの情報です。通常ビッグマイナーチェンジからフルモデルチェンジまで「1年以上の期間が設定される」ためだそうです。

さて、次期カローラは、ファミリー感の強かったモデルにTNGA技術を採用することで、若者向けのエクステリアになります。現行のマイルドなデザインから、尖ったシャープなスタイルに変更する予想です。

また、セダン(アクシオ)/ワゴン(フィールダー)に加え、走行性能に特化するハイパフォーマンス・スポーティモデルの5ドアハッチバック(カローラGTI/仮)を追加するとの情報です。

このモデルはゴルフGTIをライバルとし、オーリスと統合して誕生させるとの予想になっています。

トヨタ カローラ次期型ベース、260馬力の高性能ハッチ引用元:https://spyder7.com/

上記CG予想は、C-HRのフロントマスク(最新型キーンルック)を採用していますね。C-HRと同じく若者向けというか、デザインがスタイリッシュでカッコイイと思います。これなら売れに売れそうです。

そして、下記は統合が噂される次期オーリス(5ドアHB/カローラGTI)のテスト車両です。両モデルの統合は、果たしてどうなるでしょうか。

そして、これら次期カローラシリーズは、デザインの変更やTNGA採用によりサイズアップされ、全車3ナンバーとなります。

 

スポンサードリンク

 

新型カローラのモデルチェンジ情報

カローラシリーズ・全モデルの共通点

  • TNGAにより新しい骨格を与えられる
  • シャープなスタイル(プリウスのような)
  • 大開口フロントグリル採用
  • 大型エアインテーク(左右)
  • フロント周りは5ドアHBと共通デザイン採

 

次期カローラ(セダン)のデザイン

DSC00481 (2)

この予想CGを見るとプリウスに見えますね。しかし、今トヨタの最新デザインはC-HRが握っているので、フロントマスクはC-HR譲りのキーンルックになります。全体的なフォルムは、TNGA採用により、低さが強調されるでしょう。

また、TNGA採用により、ボディはサイズアップされ、全車共通して全幅1740mmの3ナンバーサイズになります。現行のコンパクトさを払拭するのが狙いで、上級モデルの雰囲気が与えられるため、5ナンバーサイズからは脱却します。

次期カローラシリーズ・デザインの特徴

次期カローラアクシオのデザインは、上記CG画像通り、攻めたスタイルに変更されます。このアクシオと同じく、次期カローラフィールダーもTNGAを採用されるため、低いフォルムシャープなフロントマスクといったデザインになります。

また、次期フィールダーの特徴として(CG画像が用意できなかったのですが)、プリウスに見られる尻上がりにシャープなキャラクターライン(ボディサイド中盤からリア)が採用されます。疾走するスポーティさが表現されます。

234

5ドアハッチバック/カローラGTIの特徴は、下記予想CGでは、大開口フロントグリルや曲線豊かなフェンダーでスポーティさを強調しています。ブラックのホイールがスポーツカーらしさを表現していますね。

DSC00562

 

カローラセダン(アクシオ)/ワゴン(フィールダー)の搭載エンジン

次期アクシオ・フィールダーの搭載エンジンは、1.2Lターボ1.5L NA(自然吸気)1.5Lハイブリッドという予想になっています。ハイブリッドは、アクシオ・フィールダー共に設定されます。

次期アクシオ・フィールダーの予想燃費

現行より10%向上の35キロ超えを目標に開発中という情報です。

 

5ドアハッチバック(カローラGTI)の搭載エンジン

トヨタ カローラ次期型ベース、260馬力の高性能ハッチ引用元:https://spyder7.com/

5ドアハッチバックのパワートレインは、2.0L直列4気筒DOHCターボ/8AR-FTSをブラッシュアップして搭載するとの情報です。最高出力は、ライバルに設定されるフォルクスワーゲン・ゴルフGTIの230psを超え260psと予想されています。

この5ドアハッチバックは、オーリスと統合するという情報です。ハンドリング・操縦安定性を高めた欧州戦略車として開発されています。オーリスと同じく、日本に導入される形を取るのでしょうね。

カローラ5ドアハッチバックの予想スペック

全長:4300mm
全幅:1780mm
全高:1480mm
ホイールベース:2600mm
エンジン:8AR-FTS改 直4DOHCターボ
排気量:1998cc
最高出力:250ps/5200-5800rpm
最大トルク:36kgm/1800-4400rpm
燃費:16キロ
価格:350万円~370万円

 

次期カローラシリーズの予想価格

アクシオ&フィールダー
150万円~
5ドアハッチバック
350万円~370万円

 

追伸情報

関連記事

楽天
Return Top