N-ONE特別仕様車2016「SSネオクラシックレーサーパッケージ」設定

n-one%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95%e6%a7%98%e8%bb%8a2016%e3%80%8css%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%bc

 

ホンダはプレミアムな軽自動車N-ONEのPremium Tourer・LOWDOWNグレードにSSネオクラシックレーサーパッケージ」特別仕様車として設定。

このモデルは、N360生誕50周年を記念する特別モデル。

N360は50年前に誕生したホンダ初の軽乗用車。Nコロの愛称でドレスアップを楽しめるクルマでした。

特別仕様車では、当時のN360を彷彿とさせるデザインを採用します。

発売日は2016年11月11日から2017年10月までの期間限定販売。

また、今回同時にN-ONE Modulo Xに新色追加の変更も。


スポンサードリンク

 

 

N-ONE特別仕様車SSネオクラシックレーサーパッケージの特別装

(Premium Tourer・LOWDOWNの装備に加えて)
  • ボンネットストライプ塗装
  • チェッカーデカール(ドアサイドモール/リアバンパーモール/ルーフサイド/テールゲートスポイラー)
  • ブラックモール付フロントグリル/フロントバンパー
  • ブラックアウタードアハンドル ・ブラックドアサイドモール ・ブラックリアバンパーモール
  • ブラックリアライセンスガーニッシュ ・ブラックN-ONEエンブレム
  • 15インチアルミホイール(オールブラック)
  • タンカラーコンビシート
  • 運転席&助手席シートヒーター(※Premium Tourer・LOWDOWNの4WD車には標準装備)
  • あんしんパッケージ(※シティブレーキアクティブシステム、前席用i-サイドエアバッグシステム+前席/後席対応サイドカーテンエアバッグシステム)
  • 専用カラードスマートキー(2個付)
%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%80%e3%80%8cn360%e3%80%8d%e7%94%9f%e8%aa%9550%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e3%80%8cn-one%e3%80%8d%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95%e6%a7%98%e8%bb%8a
引用元:http://news.mynavi.jp/

 

N-ONE特別仕様車SSネオクラシックレーサーパッケージの価格

Premium Tourer・LOWDOWN特別仕様車SSネオクラシックレーサーパッケージ
(660ccターボ/パドルシフト付CVT/FF)
179万8000円

 

N-ONE Modulo Xの変更点

  • 新色(2トーン)追加
シャイニンググレーメタリック×レッド
ミラノレッド×ホワイト
ブリリアントスポーティブルーメタリック×ホワイト
  • 専用プライムスムース&トリコットコンビシート
  • 専用エアコンアウトレットダブルリング(レッドメタリック×クロームメッキ)
インテリアのシート表皮やエアコンアウトレットリングにレッドを採用し、スポーティな仕上がりとしました。

n-one%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95%e6%a7%98%e8%bb%8a

%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%80%e3%80%8cn360%e3%80%8d%e7%94%9f%e8%aa%9550%e5%91%a8%e5%b9%b4%e3%82%92%e8%a8%98%e5%bf%b5%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%8cn-one%e3%80%8d%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95%e6%a7%98%e8%bb%8a
引用元:http://news.mynavi.jp/

 

N-ONE Modulo Xの価格

ModuloX
(660ccターボ/パドルシフト付CVT/FF)
189万8000円

 

N-ONEの評判・評価

外観は最高にイイ

カスタムするユーザーが多いようで、社外パーツも充実しています。内装はシートが大きいので男性にも快適で、高速運転でも疲れにくい。ただし足元は狭いです。

ターボの引っ張られるような加速が好きです。エンジンブレーキもよくかかり、峠道や雪道に有効でパドルシフトを多用してドライブしてます。

クルマの基本性能は「普通の軽乗用車」。しかし、パドルシフトとクルーズコントロール装備のため高速道路も山道も楽に走れます。

ただ、エンジンは3気筒のため、アイドリング時に振動が伝わってきます。

燃費は最近24キロを記録。カスタマイズを楽しんでいますよ。

ローダウンは低い印象なし

外観からローダウンを判断するのは難しく、内装でルーフが低いのを実感します。しかし運転席に座った感じ、狭くは感じません。

乗り心地はローダウンのせいか少し固めです。サスペンションがローダウン仕様なので当然ですね。スポーティさを求めるならちょうどいいと思います。

また静粛性に関しては、ターボなら回転数を抑えられるので、ノーマルに比べれば静かなほう。ノーマルはかなり車内にエンジン音が響きます。

最後に、ローダウンは立体駐車場に入る高さを想定してます。また、ローダウンのデザインが好きな人には向いてます。なので、これらが必要ない人にはノーマルのN-ONEがいいと個人的に思ってます。

引用元:http://kakaku.com/

スポンサードリンク