フォレスター特別仕様車2016スタイルモダン発売「ボクサー50th記念モデル第6弾」

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95%e6%a7%98%e8%bb%8a2016%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%80%e3%83%b3

 

スバルはボクサーエンジン初搭載から50周年を記念する特別モデルをこれまで5つ展開してきました。

今回は第6弾モデル。フォレスター特別仕様車Style Modern」を2016年10月3日に発売。

主な特徴として

・2.0i-L EyeSightベース
・専用シート&ステッチ
・外観にクロームメッキ

となります。

価格は税込280万8000円。


スポンサードリンク

 

 

フォレスター特別仕様車スタイルモダンの特別装備

エクステリア

・全周サイドウインドゥクロームモール
・サイドクラッディングクロームモール
・18インチアルミホイール(メーカーオプション)
・シルバールーフレール(メーカーオプション)

2
引用元:http://kakaku.com/

インテリア

・専用ウルトラスエード/合成皮革シート(ブルーグリーンステッチ+専用タグ)
・専用ウルトラスエードドアトリム/合成皮革ドアトリムアームレスト(ブルーグリーンステッチ)
・専用インパネ加飾(クロスメッシュ+シルバー塗装)

3

4
引用元:http://clicccar.com/
引用元:http://www.webcg.net/

機能

・キーレスアクセス&プッシュスタート
・運転席&助手席パワーシート
・パワーリアゲート(メーカーオプション)

・アドバンスドセイフティパッケージ(メーカーオプション)

5
引用元:http://clicccar.com/

シート表皮はブルーグリーンステッチ採用の専用ウルトラスエードシートを設定。

オプションとなる装備の18インチアルミホイールとタイヤは、フォレスターS-Limitedに標準装備されているものを選択可能に。

全体の仕上がりとして、本格SUVの機能や安全を維持しながらも、特別装備を装着することで、より都会的なスタイリングに完成されました。

 

フォレスター特別仕様車スタイルモダンのボディカラー

・クリスタルホワイトパール
・アイスシルバーメタリック
・ダークグレーメタリック
・クリスタルブラックシリカ
・セピアブロンズメタリック
・ジャスミングリーンメタリック
・ヴェネチアンレッドパール
・ダークブルーパール

 

フォレスター2.0i-L EyeSightの評判・評価

大変気に入っています

LEDヘッドライト周りやホイールデザインの良さに、今でもクルマから離れるときに思わず振り返ってしまいます。ウェルカムランプもgood。

インテリアは質感が上がってます。運転席まわりはカッコいいです。ただ、ドリンクホルダーの数が少ないです。

また、左右のホルダー位置が低いため、市販品をエアコンの吹き出し口に設置して対応。使い勝手が良くなりました。

エンジンは元気ですね。今までの感覚でアクセルを踏むと回転数が2000回転以上になり急加速のようなスタートになってました。慣れると問題ないです。

購入で重視したのは走行性能。冬道の安定感を求めて決めました。期待通り、大雪でもハマることなく雪かきをせずに朝も駐車場から抜け出せます。

また雪が降ってないときはセダンのような安定感ある走りを得られ大満足しています。

高速ならSモードだとストレスなく加速・追い越しができます。以前乗っていたコンパクトカーとは全然違う嬉しい誤算でした。

燃費は平均14キロです。遠乗りが多いですが。街乗りや近場だと10キロを下回ります。

乗り心地は見通しのよい直線だと上級セダンのように良いです。タイヤサイズが大きく多少の凹凸はほとんど気になりません。ただシートのホールド性は弱いです。(CX-5比較)

アイサイト3やASP、パワーシート、全席シートヒーター、後席リクライニング、視界の良さなどを含めた装備の良さで、競合より値引きは少ないものの価格に納得できました。

 

価格以上の価値あるクルマ

外観は四角くても丸みのある絶妙なデザインが好きです。内装のブラックで統一された雰囲気に満足しています。

エンジン性能は一般道では十分ですね。高速の追い越しや合流時はもう一歩というところです。走行性能はSUVにしては直進もコーナリングも安定しています。

乗り心地は以前のLサイズミニバンより少しゴツゴツを拾うかな。でも後席は静かで乗り心地は良いようです。

燃費は通常8キロ前後、高速10キロ前後です。これだけの装備とパフォーマンスを備えて300万あれば買えるならコストパフォーマンスはかなり高いと言えます。

レヴォーグと迷いましたが後席の圧迫感があったため、後席の広いフォレスターに決めました。毎日乗りたいと思わせるクルマです。

 

フォレスター2.0i-L EyeSightのスペック

発売日 2015年10月
駆動 4WD
トランスミッション CVT
定員 5名

全長 4610mm
全幅 1795mm
全高 1715mm
タイヤサイズ 225/60R17
重量 1510kg
最小回転半径 5.3m
燃費 16キロ

排気量 1995cc
最高出力 109(148)kW(ps)/6200rpm
最大トルク 196(20)N・m(kgf・m)/4200rpm
燃料 レギュラー(タンク60L)

標準装備

・ABS
・横滑り防止装置
・運転席/助手席エアバック
・運転席/助手席サイドエアバック
・後部席カーテンエアバック
・アイドリングストップ
・クルーズコントロール

引用元:http://kakaku.com/

スポンサードリンク