クロスオーバー7特別仕様車アクティブスタイル発売「ボクサー50th記念モデル第5弾」

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc7%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95%e6%a7%98%e8%bb%8a%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%96%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e7%99%ba

 

スバルはクロスオーバー7特別仕様車「Active Style」を2016年10月3日発売しました。

このモデルは2.5i EyeSightをベースにボクサーエンジン初搭載50周年を記念した特別装備を施したモデル。

その主な内容は

・撥水ファブリック合成皮革シート
・ガンメタリック塗装+切削光輝17インチアルミホイール
・専用素材トリム採用(撥水&ブラックレザー)

となっています。

価格は税込276万4800円。


スポンサードリンク

 

 

クロスオーバー7特別仕様車アクティブスタイルの特別装備

3

エクステリア

・17インチアルミホイール(ガンメタリック塗装+切削光輝17インチアルミホイール)

インテリア

・チャコールグレー&タン色水ファブリック/合成皮革シート(ブルーグリーンステッチ)
・リバーシブルカーゴフロアボード
・インパネ加飾(タン&ブラックレザー調素材/ブルーグリーンステッチ)
・ドアトリム(グレー色撥水ファブリック)
・リアクォータートリム(ブラックレザー調素材)

5
引用元:http://car.watch.impress.co.jp/

インテリアに、アクティブな生活の水分や汚れからインテリアをサポートしてくれる専用撥水シートや

ラゲッジスペースを有効に使えるリバーシブルカーゴフロアボードを使用することで使い勝手を向上。

4
引用元:http://car.watch.impress.co.jp/

また、エクステリアに専用デザインのアルミホイールを装備し、クロスオーバー7の持つアグレッシブなイメージを強調しています

2
引用元:http://car.watch.impress.co.jp/

ユーザーがSUVに求める価値を高めつつ、購入しやすい価格以上の質を追求したモデルです。

 

クロスオーバー7特別仕様車アクティブスタイルのボディカラー

・クリスタルホワイトパール
・プラチナムグレーメタリック
・ダークブルーパール
・クリスタルブラックシリカ
・タングステンメタリック

 

%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95%e6%a7%98%e8%bb%8a%e3%80%8c%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%ac-%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%96%e3%83%b3-active-st
引用元:http://car.watch.impress.co.jp/

クロスオーバー7の評判

エクシーガを買い損ねて購入

あっさり目のエクシーガが良かったけど時期を逃しクロスオーバー7を購入。しかし、ルーフレールが必要だったのでボックスをつけやすく重宝してます

インテリアは本革&ウルトラスエードの質感や色が気に入ってます。

エンジン性能は乗ってきた過去のスバル車より低速トルクが太くなっており、大変乗りやすくなっています。

多人数乗車/高速走行の機会が多いので回転数が低いままで走ってくれ騒音が出にくいです。

オートクルーズコントロールは安心感が増え走行も安定します。足回りは固めですが他のSUVに比べると上品な乗り心地。

熟成されたモデルでとても乗りやすく長く付き合っていきたいと思えるクルマです。

 

ニーズにマッチしたモデルでした

スタイリッシュなエクステリアは見事なモデルチェンジを果たしています。オーソドックスな外観の中でもキラリと光るヘキサゴングリルが気に入ってます。サイズも我が家にぴったりでした。

内装はタンカラーも良かったですが長く乗りたいため落ち着いたダークブラウンにしました。10歳若ければタンカラーにしていたかもしれません。

エンジンは、今までがミニバンだったためパワーの違いは歴然。走行は皆さんおっしゃられる「地面に吸い付くような走り」という意味がよくわかりました。

段差もうまくいなしてくれる感じです。どのシートに乗っていても基本的に乗り心地はいいと思います。意外と3列目の乗り心地が良く、購入のポイントとなりました。

アイサイトの技術にはただただ驚くばかりです。安全が一番ですね。サイドバックなどの装備も充実していてこの価格なのは納得のいく一台でした。

 

5ナンバーミニバンにしなくて良かった

フロントマスクは落ち着いた雰囲気で気に入ってます。シアターレイアウトや実用性の高い3列目の十分なクラッシャブルゾーン確保のために

後方のぽってり感はややありますが、機能を考えると気にならないものだと感じてます。

タンカラーはインテリアが明るくなりかなり気に入ってます。ウルトラスエードは諦めましたが標準シートでも十分な満足感。

シートアレンジはミニバンが上なので検討時の比較ポイントになるかと思います。

またエアコンは真夏日は2列目までは問題なし。ディーラーからはIRカットを勧められたので3列目の使用頻度が高い人は一考の価値があるでしょう。

エンジンは低回転からしっかりトルクが出ます。NAなので踏んだ分だけ進んでいく感じでストレスなく走れます。

通常はiモードで十分。高速でS#に入れるとあっという間に制限速度まで加速してしまいますので気持ちいいけど逆に使いどころに戸惑います。

フルタイム4WDの安定性を実感しています。5ナンバーミニバンのように風に煽られてフラフラなんてことにも無縁だと思います。

アイサイトはバージョン2でも安全性含め全く問題ないと思います。オートクルーズコントロールは本当に楽です。

静粛性は高く高速でも3列目と楽に会話できます。走行性能がいいので運転が楽で家族とドライブを楽しめます。心身ともに疲れにくくなりました。

 

クロスオーバー7(2.5i EyeSight)のスペック

発売日 2015年4月
駆動 4WD
トランスミッション CVT
定員 7名

全長 4780mm
全幅 1800mm
全高 1670mm
タイヤサイズ 215/50R17
重量 1620kg
最小回転半径 5.5m
燃費 13.2キロ

排気量 2498cc
最高出力 127(173)kW(ps)/5600rpm
最大トルク 235(24)N・m(kgf・m)/4100rpm
燃料 レギュラー(タンク65L)

標準装備

・ABS
・横滑り防止装置
・運転席/助手席エアバック
・運転席/助手席サイドエアバック
・後部席カーテンエアバック
・アイドリングストップ
・クルーズコントロール

引用元:http://kakaku.com/

スポンサードリンク