N-BOXスラッシュマイナーチェンジ2016「トレッキングスタイル追加」

n-box%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b82016%e3%80%8c%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9

 

ホンダはN-BOXスラッシュにマイナーチェンジをほどこし2016年9月16日発売。

内外装に多彩で個性的なデザインを選べるN-BOXの魅力をさらに高めるためいくつかの変更が加えられました

主な変更は

・新たにインテリアカラーパッケージ追加
・快適装備を追加
・新ボディカラー設定
・新価格設定

ユーザーが購入を楽しめて、買いやすいモデルとなっています。

価格帯は132~184万円。


スポンサードリンク

 

 

新N-BOXスラッシュの変更点

・トレッキングスタイル追加
・新デザインのアルミホイール設定
・快適装備の追加
・購入しやすい価格設定

インテリアカラーパッケージに新スタイル

「トレッキングスタイル」を追加。

新たなスタイルを設定し、ユーザーの好みに合わせた個性的なインテリアの選択肢を広げています。

全6スタイルから選択可能に。

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bd%9c%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a28
引用元:http://www.honda.co.jp/

 

新デザインのアルミホイール

Xターボパッケージ専用の15インチアルミホイールを新たなデザインに変更。

%e4%b8%bb%e8%a6%81%e8%a3%85%e5%82%99%ef%bd%9c%e8%a3%85%e5%82%99%ef%bd%a5%e3%82%aa%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b37
引用元:http://www.honda.co.jp/

おしゃれに磨きがかかったアルミを採用し、より魅力的な足元の演出が可能に。

 

快適装備の追加

・360°スーパーUV・IRカットパッケージ
・充電用USBジャック(急速充電対応タイプ)

を新設定。

過ごしやすい室内空間に仕上げられ、外出時もデバイス管理ができる装備を追加。

一部装備を変更し購入しやすい価格設定へ

あんしんパッケージをメーカーオプション設定へ。

G Lインテリアカラーパッケージ&Gターボ Lインテリアカラーパッケージに標準装備であった「あんしんパッケージ」をメーカーオプションに設定。

これにより、カラーパッケージ装着車を購入しやすい価格設定にしました。

 

N-BOXスラッシュの新ボディカラー

モノトーン

・シャイニンググレーメタリック
・クリスタルブラックパール

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bd%9c%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bd%9c%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b02
引用元:http://www.honda.co.jp/

2トーンカラー

・シャイニンググレーメタリック×ブラック
・クリスタルブラックパール×ホワイト

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bd%9c%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b05

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bd%9c%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b06
引用元:http://www.honda.co.jp/

2トーンの新しい組み合わせ

・サーフブルー&ブラック
・アッシュグリーンメタリック&ブラック

を追加。

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bd%9c%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b03

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bd%9c%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b04
引用元:http://www.honda.co.jp/

これにより

モノトーン全9色
2トーン全16色

のカラーバリエーションを採用。

 

N-BOXスラッシュの評判・評価

とにかく乗る人のことを考えたクルマ

内装は本革のヒーター付ハンドルが豪華でオールブラックの室内やインパネがシック。ワイパーの無段階調整や霧のウォッシャーはまるで高級車。

後席の広さはリムジンのよう。日常使いから遠出まで昔の車と違って疲れを感じない仕上がり。キーレスワンタッチで乗り降りも快適です。

動力性能は、NAを購入しDOHCであることやターボと最大パワーが5psしか変わらないこと、NAは高回転になるほどパワーが増すなどの理由で十分です。ターボは最大トルク域を超えると伸びがないので要りません。

NAでもアクセルに足を乗せておくだけで100kmまではスムーズに加速します。その際にトルクで押し出すフィーリングや高回転に向かってパワー&トルクが増す感じはNAのほうが気持ちいい。燃費は最高28キロ。平均21.8キロ。

Xターボの感想

15インチの純正アルミが選んだボディカラー(サーフブルー&ホワイト)にミスマッチだったためテッチンホワイトの純正ホイールに交換するといい感じに落ち着きました。さわやかでかわいい。

クルーズコントロールを高速で使用するとカーブや傾斜が多い区間でかなり楽でした。アクセルから足を離すのが怖かったですが慣れたら快適。下り坂や上り坂の減速を気にせずにお任せで運転できるのでストレスなく高速道路を運転することができます。

ターボの加速も文句なし。軽とは思えないスムーズさ。装備のハンドルヒーターやシートヒーターはとても重宝します。ベージュ系の内装なのですが特に汚れることなく高級感があり触り心地もいいのでお気に入りです。

ガラスもUVカット仕様なのであまり日光が入ってこないように感じます。エアコンの効きもとてもいい。サウンドマッピングも活躍中。より大きい音で聴くとさらに音の良さを実感。

友人からはこんなに内装のいいクルマをどこで見つけたの?と言われました。N-BOXスラッシュはあまり知られていないようですね。

気になるなら買うべき軽

N-BOXをベースとしつつ特徴的なデザインで走っていると目を引きます。しかし奇抜過ぎず変に目立たないので飽きずに長く乗ることができそう。

内装カラーバリエーションはオーソドックスなものから個性的なものまで好みで選択できるのが嬉しいです。自分はシンプルなストリートロッドスタイルを選択。各所にメッキ加飾がされてます。ステアリングヒーターやシートヒーターなどの快適装備も充実し軽自動車ながらも高級感があります。

ターボを購入しましたが街乗りや高速道路を問わずなんの不満もなく走ることができると思います。走行性能もまったく問題ありません。多少強風に煽られますが許容範囲です。車内はとても静かですしドアを閉める際もバタンとしっかり重い音が鳴ってくれます。また後部座席は後ろへ最大にスライドするととても広いです。人を乗せると「広い!」といつも驚かれます。シートアレンジで荷物もしっかり載せることができるし皆が満足できる軽自動車です。

引用元:http://kakaku.com/

スポンサードリンク