Read Article

Subaruレガシィアウトバック 年次改良|アイサイト基本性能向上|2018年10月4日発売

スバルのフラッグシップSUVである「レガシィアウトバック」が
年次改良を実施してE型となり、2018年10月4日発売となります。

レガシィアウトバック

今回はレガシィアウトバックの主な変更について紹介します。

 

スポンサードリンク

 

レガシィアウトバック「E型」|年次改良の変更点

オートビーグルホールド(AVH)を搭載

オートビーグルルホールドは停車時に足をブレーキペダルから離しても、
停車した状態を保持してくれる機能で

レヴォーグとWRX S4に続く採用となります。

 

ボディカラーに新色追加

新ボディカラーとして

  • 「マグネタイトグレー・メタリック」
  • 「ストームグレー・メタリック」

が採用され「ダークグレー・メタリック」と「プラチナムグレー・メタリック」が廃止されます。

 

アイサイトの基本性能向上

レガシィアウトバックは以前から
「アイサイトツーリングアシスト(TA)」の採用が期待されていました。

TAに関しては、2018年の年次改良にてようやく搭載される見通しで、
更にアイサイトの基本性能の向上が行われます。

主に性能が向上するポイントとしては、

  • 「歩行者、自転車に対するプリクラッシュブレーキ作動タイミングの早期化」
  • 「アクセル踏み間違い時のプリクラッシュブレーキ作動」

となります。

 

セキュリティフードアラームの追加

これまでの全ドアとトランクフードに加えて、
フロントフードの開閉状態が監視されることになり、

車両盗難や車上荒らしを防ぐ効果を高めています。

 

 

スバル60周年記念車「X-BREAK」の登場

レガシィアウトバック X-BREAKで採用されるであろう専用装備

ブラックルーフレール
フロントグリル(ピアノブラック・イエローグリーン)
18インチアルミホイール(ダークメタリック)
フロント&リアドア・サイドクラッティング
ブラックカラードアミラー
リアオーナメント
撥水ファブリック/合成皮革シート(グレー/ブラックイエローステッチ)
フロントセンターアームレスト(イエローグリーンステッチ)
メタルメッシュ/ブラックオアネル
本革巻ステアリングホイール(イエローグリーンステッチ)
室内照明ホワイト
シフトノブ(イエローグリーンステッチ)
インパネアッパートリム(イエローグリーンステッチ)
カーゴフロアボード

レガシィアウトバック X-BREAK (2) レガシィアウトバック X-BREAK (1)引用元:http://kakaku.com/

 

 

レガシィアウトバック|基本スペック

レガシィアウトバック2

2018年10月に年次改良されるレガシィアウトバックの基本スペックに関しては、
現行モデルから大きな変更は無いとされています。

全長:4820mm
全幅:1840mm
全高:1605mm
ホイールベース:2745mm
車重:1580kg
搭載エンジン:FB25型水平対向4気筒DOHCエンジン
排気量:2498cc
最高出力:175ps/5800rpm
最大トルク:24.0kgf・m/4000rpm
トランスミッション:リニアトロニック(7速マニュアルモード付CVT)

 

 

レガシィアウトバック|価格

今回のレガシィアウトバックの年次改良は大幅な変更を伴わないこともあり、
価格の上昇幅は低くなることが予想されています。

その為、現在の販売価格から5万円程度のアップで
335万円〜360万円位になると考えられます。

 

 

レガシィアウトバック|来歴

レガシィアウトバックはレガシィの派生車種として登場したモデルで、
レガシィツーリングワゴンをベースに最低地上高を200mmにした
ステーションワゴンとSUVをクロスオーバーさせています。

初代モデルは1995年に登場しましたが、日本仕様では「レガシィグランドワゴン」の名前で発売し、
1998年発売の2代目モデルの日本仕様は「レガシィランカスター」、

2003年発売の3代目モデルから全世界統一の「レガシィアウトバック」となり、
現行型は2014年発売の5代目モデルとなっています。

 

以上です。

 

 

【2017年10月5日】レガシィアウトバック|大改良

  1. 「アイサイト」に後退時自動ブレーキシステム追加
  2. クルーズコントロール車速域拡大:0km/h~約120km/h
  3. ステアリング連動ヘッドランプ採用
  4. サスペンション・パワステ改良
  5. エクステリア:新デザイン採用
  6. ボディカラー:新色設定
  7. インテリア:センターパネルデザイン一新

 

 

【2017年1月9日】レガシィアウトバック|特別仕様車

  • ボクサー搭載50th第3弾|エックスアドバンス

スバルは初の水平対向エンジン(BOXER)搭載から50周年を記念したモデル第3弾を発表。
「特別仕様車レガシィアウトバック X-ADVANCE」価格:321万8400円

本物の機能性を備えたスタイリッシュなアウトドアギアをデザインテーマとして開発。

レガシィアウトバックX-ADVANCE|特別装備

  • 専用シート採用(撥水合成皮革を組み合わせ)
  • 素材感際立つインテリア
  • エクステリアパーツをブラック化

 

レガシィアウトバック特別仕様車X-ADVANCE|特別装備

エクステリア

  • 17インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
  • ブラックルーフレール
  • ブラックカラードドアミラー
  • サイドクラッディングOUTBACKオーナメント(イエローグリーン)

 

インテリア

  • 専用シート(撥水ファブリック&合成皮革)
  • イエローグリーンステッチ(シート/コンソールリッド/ステアリングホイール/シフトブーツ/ドアトリム)
  • メタルメッシュ/ブラックパネル(インパネ/ドアトリム)
  • ピアノブラック加飾(ハザードスイッチ/前席センターエアベントグリル)

光輝パーツを採用せず素材感を出し、
イエローグリーンステッチ加工を組み合わせることで洗練された内装となっています。

 

レガシィアウトバック特別仕様車X-ADVANCE|価格

水平対向4気筒DOHC2.5L(CVT/4WD)
321万8400円

 

レガシィアウトバック一部改良2016|内容

車線中央維持機能(アイサイトver.3)
  • ロングドライブの負担軽減
  • アクティブレーンキープ機能の作動速度を60キロ~に改良(以前は65キロから作動)
ステアリングヒーター標準装備
新色オークブラウンパールを設定

 

 

追伸情報

関連記事

「SUV」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

 

【評判・評価】レガシィアウトバック

レヴォーグとアウトバックで比較

アウトバックの加速性能はターボがない分、瞬発力が若干劣る程度。出だしが少し弱いかな。しかし車高が高いわりに足回りがカッチリしていて安定している。乗り心地もいいし程よくスポーツ走行も可能。

ロールが少なく安定感があるのになぜ日本仕様でターボを搭載しないのか不思議です。静粛性や高級感もあり。

本当にいいクルマで視界の良さ、広さ、操縦性、走行性能、優れた4WD、快適装備と乗る人皆が満足できる仕様です。

 

基本性能の高さは価格以上

走行性能・燃費・安全性とも大満足してます。エクステリアについてはタングステンシルバーを購入しましたが汚れが目立たず好評。ボディサイズが大きいわりに小回りがきくので狭い道でも大きさを感じず運転が出来ます。

インテリアはシンプルなデザインが良く落ち着いた色で質感も上々。また運転席と助手席が広く足を目一杯伸ばせるので楽。シートヒーターやランバーサポートも付いているので長距離も快適です。

あと内外装とも目が届かないような細部の塗装まで高い仕上がり。経験上、輸入高級車でさえここまでのクオリティを持ちません。

エンジン性能は振動も少なく静粛性も優れていてパワーも日常使いには十分。高速ではSやS#モードを使えば追い越しも合流も楽に行えます。燃費は街乗り11キロ。高速14キロです。

 

初めてのスバルモデル

外観はほぼ満足できる仕上がり。エンジンも2.5L NAで特に不満はありません。アクセルを踏んだときの吹け上がりは非常に満足しています。

走行は一般道も高速も安定しておりボディサイズに対してナチュラルに操縦できます。全体を通して1.6Lではなく2.5Lのボクサーエンジン&4WDを選んだことに満足。

塗装はトヨタ、日産以外は弱いイメージがあるのでガラスコートをかけました。

 

広くて力強く車高が高いモデルを探していて購入

長年そこそこの高級車に乗っていたので他社を検討し、自分の条件に合っていたのがアウトバック=スバルでした。クルマを所有する期間が10年以上と長いので飽きのこないデザインを希望。

正面からの印象が他社にはない大らかなところを気に入ってます。
またサイドのデザインが日本車にない出来で特に気に入っています

インテリアはよく仕上げていて価格以上の質はあると感じますが高級ではないです。しかし運転時の見切りは過去のクルマより良く安全に運転できます。エンジン2.5Lは日常使用するには全く問題なし。ただ高速の登り坂での追い越しにはもう少し力が欲しいと思いました。

初めての4WD。交差点や高速のコーナーでロールがなく安定性が高い。雨天時も安心感があります。総じてまろやかな乗り心地と感じています。燃費は日常11キロ、高速15キロ。アイサイトは他社に先駆けたノウハウを随所に感じます。

 

紳士的なクルマ

デザインは紳士的で押し出しや威圧感がありません。外出先で自分のクルマを見ると安心します。エンジン性能も必要十分。ほとんどの走行を1500回転以外で巡航可能。おおらかな気持ちで運転できます。

ステアリングの微妙な動きに正確な反応を返してくれレガシィそのものです。燃費は14キロ程度。アイサイトの運転支援システムが的確で素晴らしい。

引用元:http://kakaku.com/

Return Top