レガシィB4特別仕様車2016スポルヴィータ「リミテッドベース&イタリアンレザー仕様」

%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3b4%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95%e6%a7%98%e8%bb%8a2016%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%bf

 

スバルはレガシィB4に特別仕様車SporVita(スポルヴィータ)を設定。

この特別仕様車はマリオレヴィとのコラボレーション第2弾。第1弾はWRX S4とコラボ。

300台限定で2016年9月8日に発売。(受注は2016年12月12日まで)

レガシィB4スポルヴィータ特別仕様は

・タンカラーの本革シート採用
・ピアノブラック調パネル採用
・金属調パネル採用
・18インチアルミ(ブラックハイラスター塗装)装備
・エクステリアに高艶メッキ採用

といった内容。

価格は340万2000円。


スポンサードリンク

 

 

レガシィB4特別仕様車スポルヴィータの特別装備

レガシィB4 Limitedをベースに

インテリア

・タンカラー専用本革シート
・タンカラー表皮&ステッチ(コンソールリッド/ドアトリム/シフトブーツ)

シートとドアトリムのタンカラー表皮にカーブキルトと呼ばれる、ステッチを波型に表現して立体感を演出する技術を採用。上質さを感じさせる造形となっています。

・ピアノブラック調加飾(パワーウィンドウスイッチ/ハザードスイッチ/前席センターエアベントグリル/後席シートヒータースイッチ/後席カップホルダー)
・メッキリング(後席エアベントグリル/後席カップホルダー)

%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3-b4-%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95%e6%a7%98%e8%bb%8a-%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%bf-%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b7
引用元:http://www.subaru.jp/

エクステリア

・18インチアルミホイール(ブラックハイラスター塗装)
・サテンメッキドアミラー
・高艶ベロアメッキ付ブラックフロントグリル
高艶ベロアメッキ付ピアノブラック調フロントフォグランプカバー

を採用し、スポルヴィータ専用装備としています。

%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3-b4-%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95%e6%a7%98%e8%bb%8a-%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%bfsubaru
引用元:http://www.subaru.jp/

レガシィB4特別仕様車スポルヴィータの価格

水平対向4気筒DOHC2.5L(CVT/4WD)
340万2000円

 

レガシィB4の一部改良2016内容

車線中央維持機能(アイサイトver.3)

・ロングドライブの負担軽減
・アクティブレーンキープ機能の作動速度を60キロ~に改良(以前は65キロから作動)

ステアリングヒーター標準装備

 

レガシィB4の評判・評価

%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3-b4-subaru
引用元:http://www.subaru.jp/

ミニバンからスポーティなB4セダンへ乗り換え

スバル車のスポーティなイメージが気になってレヴォーグを試乗に行ったとき目にした展示車のB4に一目惚れ。どっしりとした横幅がカッコいい。車内も広く幅と足元はかなりの広さ。3人家族なら十分。トランクも広い。

エンジンパワーはカタログ値のイメージとは違い十分な強さがあります。燃費は街中~高速で10~15キロ前後。2.5L 4WDならいいほうかな。アイサイトは「自動運転の時代も遠くない」と思わせる素晴らしさです。

スバルのAWDはすごい

アクセルを踏めばきちんとハンドルの方向にパワーが発揮できるから安心してアクセルを踏める「スバルのAWD」はスゴい。パワーはIモードで十分。エンジン音はほとんど聞こえず静かで力強い。Sモードだと30%パワーUP。無理な運転になってもAWDが支えてくれます。

エクステリアは4ドアクーペのような流麗なデザインではないけど基本に忠実な造形。大きなグリルとホークアイがワル顔です。インテリアのシックなブラック基調と控えめなメタル感はもう少し頑張ってほしい要素でした。

インプレッサより内装ゆったり

セダンタイプ・4WD・スバルの上見でクルマを探していました。当初インプレッサが候補でした。でもB4の大きくゆったりした内装を見てレガシィB4を購入。結果よかったです。運転席の足元を広く取るために座席を下げても後席が狭いと感じることがありません。

機能の自動化が進んでいてワイパー・ライト・アイサイトなどクルマがやってくれるので運転に集中できて気持ちいい。乗り心地は固すぎず柔らかすぎず運転していて疲れません。

乗る楽しさがあるクルマ

レガシィを3代乗り継いできましたが進化が止まりません。段差は上手にいなしてくれます。最新型は高級車な感じの乗り心地。エンジンはキビキビした印象がなくなりゆったりな感じ。ある程度回すとボクサー音が出始めて嬉しくなります。でもスポーツ走行には向いていません。車格も大きいのでそれなりの乗り方になりますね。じわじわとスピードを上げていくほうが似合うモデル。

インテリアはリミテッドの革製。固めです。シートヒーターは優れもの。乗り心地は抜群で車格/ダンパー/タイヤが総合的にお互いの能力を最大限に出せるようにセッティングされています。燃費は14キロ程度。ちなみにアイサイトのレーンキープ機能やアイドリングストップは乗る度にオフにしています。

憧れたレガシィが納車

フロント外観は大きなヘキサゴングリルのインパクトとホークアイのLEDライトが超カッコイイです。プッシュスタートし走り出すと水平対向エンジンがやや低めのサウンドを車内に響かせます。

乗り心地は大人の足回りで固め。50扁平タイヤとマッチしたAWDの乗り味。室内空間は拡大されておりミラー位置も見直され前方視界はかなり向上。

アイサイトver.3は田舎道、街中、高速問わず安心と安全を提供してくれる最新機能で現在のNo.1アイテムだと思います。

引用元:http://kakaku.com/

スポンサードリンク