Read Article

スポンサードリンク

トヨタ新型ピクシスジョイ|軽自動車ダイハツキャストOEMモデル|2016年8月31日発売

トヨタから新しい軽自動車が発売されました。ダイハツキャストをOEMしトヨタブランドとしたピクシス ジョイ。2016年8月31日発売。多彩な選択肢から自分に合ったタイプを選ぶ楽しみのあるモデルです。

ピクシス ジョイの特徴

  • ジョイC/ジョイF/ジョイS・3タイプのモデルから選べる
  • タイプ別に豊富なカラーバリエーションを設定
  • 低燃費30キロで全車エコカー減税対象
  • スマートアシストⅡ衝突回避支援システム搭載

 

スポンサードリンク

 

新型ピクシスジョイのグレード特徴&価格

ジョイC|Cはクロスオーバー(キャストアクティバ)

  • 樹脂素材のガーニッシュ
  • 165/60R15タイヤ装着
  • 軽SUVを強調するエクステリア
  • 最低地上高180mm(ジョイF/S比+30mm)
  • 雪山、山道での高い走破性あり

ジョイF|Fはファッション(キャストスタイル)

  • バンパーモールにメッキ加飾を採用
  • サイドロッカーモールにメッキ加飾を採用
  • 洗練されたエクステリア
  • シート表皮にスエード調ファブリック採用

ジョイS|Sはスポーツ(キャストスポーツ)

  • 専用エアロパーツ採用
  • 内外装に赤色アクセント加飾採用
  • スポーティなエクステリア
  • スポーツサスペンション採用
  • MOMO製革巻ステアリングホイール装備
  • 7速マニュアルモードパドルシフト付き
  • スポーティな走行性能

新型ピクシスジョイの価格|2WD

ピクシス ジョイC
C X:122万400円
C X SAⅡ:128万5200円
C G SAⅡ:141万4800円
C Gターボ SAⅡ:151万7400円
ピクシス ジョイF
F X:122万400円
F X SAⅡ:128万5200円
F G SAⅡ:141万4800円
F Gターボ SAⅡ:151万7400円
ピクシス ジョイS
S SAⅡ:162万円

新型ピクシスジョイの価格|4WD

ピクシス ジョイC|12万9600円高
ピクシス ジョイF/ピクシス ジョイS|12万4200円高

 

スポンサードリンク

 

ムーヴキャンバスはOEMされるのか?ダイハツ2016年9月7日発売「軽ミニバス」

気が早いかもしれませんが、2016年9月7日に発売が噂されるダイハツの軽ミニバス・ムーヴキャンバスはOEM供給されるでしょうか?キャストが2015年10月に発売されたとき、「トヨタにOEMされるのか?」という疑問を記事にしてから、ピクシスジョイが発売されるまで、約1年かかっています。

また、同じくウェイクは2014年11月に発売され、トヨタに「ピクシスメガ」としてOEM供給されたのは2015年7月です。こちらは8ヶ月後の発売ですね。ということは、ムーヴキャンバスは(OEMされるとしたら)8~12ヶ月後の2017年春夏の時期にトヨタから発売される可能性はあります。名称は「ピクシス・バス」とかでしょうか?楽しみにしておきます。

 

【キャストOEMの可能性は?】トヨタで発売されるのか?|解決済み

トヨタは軽自動車の発売をダイハツからOEMという形で補っています。

トヨタで発売中の軽自動車ラインナップ
ピクシス エポック(ミライース)
ピクシス スペース(ムーヴコンテ)
ピクシス メガ(ウェイク)
ピクシス トラック(ハイゼット)
ピクシス バン

エポック、スペース、メガ、トラック、バンときて、キャストはトヨタにOEM供給され「ピクシス ジョイ」として、2016年8月31日から発売されることになりました。

新型キャストはトヨタにOEMされる?

ピクシス エポックの「エポック」は「新しい、画期的」という意味があり、イーステクノロジーを搭載したミライースのOEMのため、そのように命名したと推測できますね。その他、すべて軽自動車が持つ特徴を、ニックネームにして「ピクシス」にくっつけてます。スペースやメガなど、室内空間の広さが特徴の軽自動車は揃いました。

また商用のトラック、バンはそのままですね。そして、ここにはSUVがありません。SUVはいま流行が来てますから、トヨタもキャストをラインナップに取り入れるのでしょうか?トヨタの軽自動車のカーラインナップに新型キャストが追加されるのは流れとしてあります。しかし逆に、新型キャストはテリオスキッドほどのガチSUVではなさそうですから、可能性があるのか?結論を迷うところです。

新型キャストの3台の役割や意味はトヨタでどう扱われる?

キャストには、クロスオーバー、アーバンスタイル、スポーツドライブと3つの役割があります。クロスオーバーはハスラー対抗SUV。アーバンスタイルはN-ONE対抗のポップな軽自動車。スポーツドライブはスズキのアルトRSなど、スポーツモデルに対抗できる性能を持たせた役割を担います。

もし、OEM供給されたとして、3つの役割を持たせて発売されれば面白いけど、アーバンスタイルはピクシス エポックとカブりますね。ミライースほど燃費に特徴があるわけではないですがカブります。

スポーツドライブは、ピクシスラインナップにスポーツタイプをわざわざ入れるか?と言えば、可能性は薄そうです。ピクシス軽自動車シリーズは、生活に密着し、使い勝手で厳選されたユーザーのための優しいラインナップな気がします。

だから、スポーツドライブもなさそうですね。採用されたら面白いけど。軽自動車でスポーツよりも、トヨタなら86でスポーツの方が断然楽しいし本格的ですよね。

結論としてはキャストがOEM供給されるなら、トヨタで採用されるのは、SUVモデルのクロスオーバーのみでした。結果、ピクシスジョイとして、3モデル(ジョイC/ジョイF/ジョイS)とも発売されることになりました。お客さんからの要望も強かったようですから、いい結果に落ち着きました。^^

 

追伸情報

最近トヨタは、コンパクトカーの選び方や「トヨタにも軽自動車はありますよ」っていう説明をホームページ上でわざわざしています。トヨタの軽自動車が、テレビCMで流れることはめったにないし(流れたことがあったのかを忘れましたが^^;)、認知度はかなり低めですよね。

トヨタの軽自動車ラインナップの前提は、トヨタユーザーの方が軽自動車を必要としたときに、付き合いの長いお客さんに「トヨタでも軽自動車を購入できる安心感を与えたい」というものかもしれませんね。

Return Top