クリーンディーゼルエンジンのメリット

クリーンディーゼルエンジンのメリット

 

マツダから、先日6月10日に新開発ディーゼルエンジンが発表されました。^^

この新開発エンジンは、2014年夏頃に予約受付が開始される予定の新型デミオに搭載される予定です。

さらに、7月17日、7年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたデミオが、山口県防府市の工場にて生産開始し、エクステリアの公開をしました。^^

(記事最後に動画など)



スポンサードリンク

 

 

マツダのディーゼルエンジンが注目されている理由

マツダはスカイアクティブ技術で、本来、設計時期が異なる車の要素技術(エンジン、トランスミッション、プラットフォーム)を同時に設計することにより、

性能の偏りをなくし、走りや環境、安全性の底上げを図っています。

その中で開発している技術の一つが、クリーンディーゼルエンジンでハイブリッドなしでも燃費が良く、地球環境にも優しいエンジンにするのが狙いです。

 

ディーゼルエンジン車は軽油で走るため、価格が高いガソリンよりも維持費が節約でき、ユーザーの負担を減らします。

ちなみに、新型デミオディーゼルの燃費は、マニュアル車で26.4km/L に到達!

車両価格も199万円からなので、ハイブリッド車よりも負担は軽いです。

軽油は、ガソリンよりも20円ほど安いので、長い目で見ると、お得ですね。^^

 

また、これに対して、ハイブリッド車は燃費はもちろん良いけど、バッテリーなどの部品が高価で、車両価格も高くなるため、誰でも気軽に買える車ではありません。

そこでマツダは、スカイアクティブ技術により高価な装置を使わなくても、排ガス基準を満たすクリーンディーゼルエンジンを開発し、車両価格も抑えられる新型デミオを販売します。

これにより、軽油で走るディーゼルエンジン車が、環境保全意識のある、幅広いユーザーに普及できるようになります。

 

軽油とガソリンの価格差

2015年8月現在のガソリン価格は約140円。これに対し、軽油は約107円

これは給油量が多くなるほど負担が増す価格であり、これから先、もっとディーゼルエンジンの開発が進めば、日本のディーゼル車に対する意識が変わり、より普及していくでしょう。

と言いますのが、昔ディーゼルエンジン車は、真っ黒い排ガスを吐き出す車でした。

排ガスには有害なNOx、ススなどの物質が含まれています。

この環境への悪影響が理由で、法律で排出ガス規制になったため日本のディーゼル車の割合は減少の一途をたどることになりました。

そして、現在、日本の自動車市場では、ディーゼル車の所有率は1%程度に留まるに至っています。

 

それに対して、ディーゼル車の所有率が高い欧州は、ディーゼル車所有率50%以上という水準です。

これから先、日本の自動車業界の未来は、クリーンディーゼルの導入により欧州のような数字に近づくのでしょうか。

ハイブリッドやガソリン車、ディーゼル、また次世代の電気や水素の自動車が各々、どれほどの割合へと推移していくのか興味深いです。

 

編集後記

クリーンディーゼル搭載車はデミオだけではありません。

関連記事

三菱デリカD:5「ROADEST」クリーンディーゼル追加!2015年12月17日

スポンサードリンク