Read Article

デミオマイナーチェンジ2016「乗り心地と操作性に新技術搭載」

マツダのコンパクト・デミオ。

2014年秋にSKYACTIV技術と鼓動デザイン採用により発売し、2年経つタイミングでマイナーチェンジ。

発売は2016年11月17日。(発表は10月14日)

新技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス」の第一弾「Gベクタリングコントロール」搭載。

そして装備の充実を図ります。

先にマイナーチェンジしたアクセラ・アテンザと同じ改良。

マイナーチェンジ内容

  • Gベクタリングコントロール搭載
  • 装備品質向上による視認性アップ
  • 操作性を高める装備の充実

と満載。

さらなる販売強化につながるか、その改良内容を見てみます。

 

スポンサードリンク

 

新デミオの一部改良内容

エクステリア

デザインの深みと上質感を向上させています。

  • フロントグリルガーニッシュ(ピアノブラック塗装)(グレーメタリック塗装)
  • LEDフォグランプ(クロームメッキベゼル加飾)
  • 新色4色を追加

 

新色

  • マシーングレープレミアムメタリック
  • ディープクリムゾンマイカ
  • エターナルブルーマイカ
  • ソニックシルバーメタリック

 

フロントグリルガーニッシュ

ピアノブラック塗装のグレード

  • 13Sツーリング
  • 13Sツーリング Lパッケージ

グレーメタリック塗装のグレード

  • XD
  • XDツーリング
  • XDツーリング Lパッケージ

クロームメッキベゼル加飾のLEDフォグ装備のグレード

  • XDツーリング
  • XDツーリング Lパッケージ

 

インテリア

  • 白革内装をピュアホワイトへ変更(コーディネートも一新)
  • 加飾(赤/サテンクローム/ピアノブラック)
  • 黒革内装を設定(ブラック基調+ディープレッド)
  • シート座面にグランリュクス(スエード調人工皮革)採用

※13Sツーリング Lパッケージ/XDツーリング Lパッケージ

※13Sツーリング/XDツーリングには黒布内装を採用。

※13S/XDはインテリアを黒で統一。インパネ、コンソール、ドアに千鳥格子パターンのグロスブラックデコレーションパネル採用。

 

機能

ナチュラルサウンド周波数コントロール

すでに装備しているナチュラルサウンドスムーザーと合わせてこのシステムを搭載することにより、静粛性&心地よいエンジンサウンドを実現。

ディーゼルエンジン特有の不快音。この周波数帯に着目し、燃料噴射タイミングを0.1ミリ秒単位で制御します。

スカイアクティブD-1.5搭載車に標準装備。

 

先進安全技術を充実

危険認知支援/運転支援/衝突回避支援/被害軽減、各技術を提供。

  • アダプティブLEDヘッドライト(ALH)

ハイビーム走行を基本とし、対向車や前方車に配慮ある配光ができて、スピードに応じた配光など、繊細な照射動作をしてくれます。

メーカーセットオプション「セーフティパッケージ」に含まれます。

 

  • スマートブレーキサポート(SBS)

中高速域における衝突被害をブレーキの自動制御で回避/軽減するシステム。

 

  • マツダレーダークルーズコントロール(MRCC)

速度30~100キロの範囲で自動追従走行してくれるシステム。

 

  • 後退時衝突被害軽減サポート(SCBS R)

SBS/MRCC/SCBS R技術はセーフティクルーズパッケージとしてメーカーセットオプション設定されています。

 

Gベクタリングコントロール(GVC)

マツダによると、ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、別々に制御されていた横方向と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロールし、4輪への接地荷重を最適化してスムーズで効率的な車両挙動を実現する世界初の制御技術です。

この技術の発想は、機械の都合に人を合わせるのではなく、「人を中心に、人の特性に基づいてクルマがどうあるべきか」を考えた結果生まれた人に寄り添った技術。

このことから運転に人馬一体感がもたらされ、「誰もがリラックスして思いのままにクルマを操れる」感覚が、さらに高い次元に引き上げられる技術となります。

 

新触感ステアリングホイール

「どこを触っても同じ感触」の形状・素材で作られており、路面やタイヤの状況がドライバーに正確に伝わるハンドルを採用。

 

半透明ディスプレイパネルのカラー化

エンジンをかけると運転席前に現れるアクティブドライビングディスプレイ。

認識をわかりやすくするために、上部に走行環境情報・下部に車両情報を表示するように改良。

 

マルチインフォメーションディスプレイをカラー液晶化

マルチインフォメーションディスプレイはカラー液晶を採用して、質感の向上と読み取りやすさを実現する改良が施されます。

 

高級感を演出する内装パーツ採用

天井の表皮(ルーフライニング)をブラックに替え、高級感をもたせた内装に仕上げます。

また、車内の夜間視認性を高めるために、オーバーヘッドコンソール(バックミラー部)にLEDライトを採用。

Return Top