ボディカラーと事故率の関係

ボディカラーと事故率の関係

 

車の購入を考えるとき、ボディの色って特に迷いますよね。^^

メーカーが違えば、同系色でも、明るさや輝きが違うので、目移りします。

つい先日、自動車メーカーのサイトを見てるとき、ふと「車の色の違いによって、事故率って変わるのかな?」と思ったので調べてみました。

すると、車の色によって事故に遭う確率の統計というものがあるようなので、ここに書いてみようと思います。


スポンサードリンク

 

 

車の色と事故の関係

車の色と事故の関係

車には、事故に遭いやすい色・遭いにくい色があると、海外の大学で研究されていました。

 

一番事故に遭いにくい車の色はシルバー

一番事故に遭いにくいという理由は、シルバーの車はメタリックの塗装が多く、

明るい系統の色であり、反射しやすいため、認識しやすく、暗い夜間でも目立つ色だからだそうです。

シルバー

つまり、シルバーの車を目にしたドライバーが気づきやすく、

視界に入った時に警戒心が生まれるので、結果的として事故に繋がる確率が下がるってことですね。

 

また、心理学的視点では、シルバーの車を選ぶ人は、楽観的で勤勉な人が多いそうです。

そのため運転にも真摯に取り組み(?)事故になりにくい、という結論です。(内心は野心家で富、名声を欲してるらしいですけど!笑)

周りの車好きの人たちに目を向けたら、シルバー色に乗ってる人はどちらかというとそういった感じの人多いかな~と思います。^^

ちなみに、シルバーという色を選択する理由は
  • 色選びに失敗しない
  • 一番「無難」な選択
というのはよく耳にします。

 

一番事故に遭いやすい色は青や紺色(暗い色)

色には、進出色(膨張色)・後退色(収縮)とがあります。

これは洋服のカラーコーディネートではよく知られている色がもたらす視覚的な効果ですよね。

進出色は、赤 オレンジ 黄色など。後退色は、青 黒 などです。

 

この視覚的効果は、車のボディの色にも当てはまり、運転中の人の目にとって、

進出色は、より近くにいるように見え、後退色は、実際より遠くにいるように見えるようです。

事故に遭いやすい色は青 

例えば、右折しようと交差点で一旦停止したときに、青色の車が対向車線の向こうから走ってきているとします。

このとき青い車は、実際よりも遠くにいるように感じられるので、右折するタイミングが他色の車が走ってくるときよりも、若干遅れてしまうようです。

 

色による事故率の違いは確かにある

事故に遭いやすい色の確率を、白を基準に数値を10と仮定し他の色にも数字を付けると
  • シルバー4(↓)
  • 赤7(↓)
  • 青9(↓)
  • 緑18(↑)
  • 黒20(↑)
という数字になり、この数字が大きいほど、事故に遭う確率は上がります。(あくまで数字です^^;)

明るい色が事故に遭いにくく、暗くて濃い色ほど、事故を起こす確率は上がるという傾向にあるようですね。

色による事故率の違い 

まさに先程の進出色、後退色が生む視覚効果に当てはまっているとも言えるのではないでしょうか。

後退色は、見えにくく、遠くにあるように見えるから、対向車線のドライバーが認識不足に陥る傾向にあり、接触する確率が上がるためでしょう。

 

編集後記

色がもたらす人への影響は、意外に大きいように思います。

これから車を購入する予定がある人は、多少の参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク