フリードモデルチェンジ2016年9月16日発売

次期フリードフルモデルチェンジ情報!2016年9月に新型が発売予定

 

「ちょうどいい」が進化して、世代交代するフリード。

2016年9月16日発売。(2016年9月15日発表)

予約受付は8月5日開始。(初期予約でも納期は11月以降)

New フリードHonda
引用元:http://www.honda.co.jp/FREED/new/

 

新型フリードは「キープコンセプト」で登場。シエンタに持っていかれた話題を取り戻すために

・1.0Lターボは中止
・1.5ガソリン&1.5ハイブリッドを搭載
・フリードスパイクはフリード+(プラス)へ
・スポーティエアロモデル「スパーダ」設定
・新型フィット譲りの居住性が進化

をしてフルモデルチェンジ実施です。^^



スポンサードリンク

 

 

新型フリード(2WD・FF・3列シート)の価格&グレード

ガソリン

燃費:19.0km/L

B
188万円(6人乗り)

G
198万円(6人乗り)
200万円(7人乗り)

G Honda SENSING
214万3200円(6人乗り)
216万4800円(7人乗り)

ハイブリット

HYBRID B/EX 燃費27.2km/L
HYBRID G 燃費26.6km/L

HYBRID B
225万6000円(6人乗り)

HYBRID G Honda SENSING
249万6000円(6人乗り)
251万7600円(7人乗り)

HYBRID EX
265万6000円(6人乗り)

 

新型フリード(4WD・3列シート)の価格&グレード

ガソリン

B
209万6000円

G
221万2200円

G ホンダセンシング
233万2200円

ハイブリッド

HYBRID B
247万2000円

HYBRID G Honda SENSING
272万8200円

(EXは2WDのみ設定)

 

フリード「モデルチェンジ」2016年9月16日発売

下記動画で9月16日発売と発表されました。9月って、もう秋ですね。
 

New フリード
引用元:http://www.honda.co.jp/FREED/new/

 

新型フリードは1.5L NAと1.5Lハイブリッド搭載

ホンダは新型フリードを「キープコンセプト」でモデルチェンジし、1.0Lターボを見送り

・1.5L i-VTEC(NA)
・1.5L i-DCDハイブリッド

の2本立てで行くと、方向性を決めました。

ハイブリッドに対し有利な展開にもっていきたかった「1.0Lダウンサイジングターボ」

しかし、1.5Lターボのステップワゴンは、ノア/ヴォク/エスクァイアやセレナのハイブリッドに比べ、期待したほど販売数が伸びなかったため発売を断念しました。

New フリード│Honda 引用元:http://www.honda.co.jp/FREED/new/

i-DCDハイブリッドは次世代に入り、大幅にブラッシュアップされ

・スムーズな加速フィーリング
・優れた低燃費性能

を手に入れてます。

新型フリードは、ライバル・シエンタハイブリッドの燃費27.2km/Lにモデルチェンジでどこまで迫れるのか!?が注目されます。

ちなみに、ガソリン・ハイブリッドともに2WD・4WDを設定します。

 

スパイクは「フリード+(プラス)」Gエアロモデルは「スパーダ」へ

フリード「スパイク」の動向が気になるところ。

「スパイク」という名はフリードの旧モデル「モビリオ」時代の呼称なので響きが古いため「フリード+(プラス)」と名称変更をします。

またGエアログレードには、ステップワゴンと同じグレード「スパーダ」を設定。

スポーティなエクステリアを手に入れたモデルが、フリードにも用意されます。

 

「フリード+」は、名称からもわかるように「N-BOX+」のように「室内空間の自由度」という点で機能と使い勝手が充実したモデルです。

またエアロを装着したスポーティモデルは、ステップワゴンスパーダのようにクールな外観を手にします。

 

画像はステップワゴンスパーダ

supa-da 引用元:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/

 

この2つのモデルの登場は、シエンタに負けない話題になりますね。^^

ちょっと前の雑誌に、ディープパープルに塗られた新型フリードの「CG画像」が掲載されていました。

フロント・リア共に「スパーダ」が採用されており、カッコいいです。^^

 

でも全長の見分けがつかなければステップワゴンのまんまですね。汗

ところがそこがホンダの良いところ(笑)

共通したフロントマスクだから、見かけた人が振り返って見たときにフリードかステップワゴンかわからないのを判断する間、

ずっとその人はホンダの車のことを考えています。笑

これは広告費を払わずに、かなりの宣伝効果がありますよ。^^

 

新型フリードのボディカラーラインナップ

New フリード│ボディカラー
引用元:http://www.honda.co.jp/FREED/new/

 

3列目はね上げ式シートで荷室高を確保「居住性抜群」

ライバル・シエンタは3列目シートが「床下収納」です。居住性が好評です。^^

フリードはこれと勝負しなければなりません。

新型フリードの3列目シートは、現行の跳ね上げ式を継続します。これは3列目シートのクッション性を損なわないための配慮です。

床下収納や折りたたみ式だと、作りによってはセンベイシートになって乗り心地は良くありません。

さらに、跳ね上げ式であることによって、床から屋根までの「高さ」を確保。

現行の便利な積載性を引き継ぎ、「ラゲッジ」収納の用途も広がります。

 

【画像】フリードインテリア

New フリード│インテリア
引用元:http://www.honda.co.jp/FREED/new/

 

新型フリードに採用される乗車人数は?

・2列シート(5人乗り)フリード+
・3列シート(6、7人乗り)フリード

各仕様を用意。2列シートは後方の空間に余裕があってまた人気となるでしょう。

 

ソリッド・ウィング・フェース

 

初のフルモデルチェンジで「2代目」となる新型フリード

フリードの歴史を振り返ると、2008年5月に新発売され、2011年、2014年とマイナーチェンジを繰り返しながら

エクステリアの変更も施(ほどこ)され現在の姿になりました。

2016年、8年の時を経てようやく初のフルモデルチェンジを迎えます。

 

通常、フルモデルチェンジは5年を目処に行われますが、

・車種の人気・動向
・売れるクルマの形
・売れ行き


などに左右されます。

フリードは新型までに8年かかりましたが、非常に人気があって未だ売れ続けており

今回の初モデルチェンジはユーザーの大きな期待がかかっています。^^

 

一方で、ライバル・シエンタは存続不明からの復活です。

しかし、新型シエンタはフルモデルチェンジで「大幅な変更」が加えられました。

このような状況においてキープコンセプトで発売するのが新型フリード

すでにティザーサイトでエクステリアは公開されていますが、ステップワゴン似のデザインには賛否両論もあるかもしれませんね。

 

フリード購入を意識していたユーザーは、シエンタとフリードならどっちを選ぶのでしょうか。

フリードはこれだけユーザーを待たせたのだから、せめて

・インテリアの使い勝手を向上
・シエンタよりも安い価格

といった武器を用意して2016年9月16日に発表されて欲しいですね。

 

編集後記

管理人は、フリードのエクステリアが好きなのですが、燃費が残念だったので、今回のフルモデルチェンジが楽しみです。^^

一方、ライバル・シエンタは、アクアの技術を投入してハイブリッドも追加されています。

ホンダはシエンタに対抗するために、何を用意してアドバンテージを得るのでしょうか。1年先に発売されたシエンタは、いまだ好調です。

コンパクトミニバン市場の活性化は、2016年9月16日新型フリードの発売から再び活気を取り戻すでしょう。^^

スポンサードリンク