アテンザマイナーチェンジ2016「Gベクタリングコントロール搭載」2016年8月25日発売

アテンザマイナーチェンジ2016

 

マツダはアテンザに新世代スカイアクティブ技術を採用し、今夏発売。

先日マイナーチェンジしたアクセラと同じく、乗り心地とハンドリングに好影響をもたらすスカイアクティブ ビークル ダイナミクス技術・第一弾Gベクタリングコントロール」技術を採用。

そのほか主な改良点は、

・ドアミラーのデザイン変更
・ステアリングホイール変更
・新色マシーングレーメタリック追加

など、ほぼアクセラと似た変更内容。


スポンサードリンク

 

 

新アテンザの改良点

【MAZDA】グレード&スペック|アテンザ
引用元:http://www.mazda.co.jp/

エクステリア

・ドアミラーデザイン変更
・新色マシーングレーメタリック追加

インテリア

・ステアリングホイール変更
・アクティブドライビングディスプレイの視認性向上
・メーターパネルの視認性向上
・ブラック内装(天井&ピラー)
・オーバーヘッドコンソールLEDダウンライト採用
・パワーウィンドウワンタッチ機構搭載

機能

・G-Vectoring Control搭載

ハンドル操作に応じて各タイヤに細かなエンジンの駆動トルクを伝え、タイヤの接地荷重を最適化するため挙動が安定し、ハンドリングや乗り心地が安定します。

緊急時や降雨状況において機能が特に働くのでドライバーに安心感を与え、乗員の体の揺れも軽減されて乗り心地も向上。

 

新アテンザのグレード&価格

20S
(SKYACTIV-G 2.0L/6AT)
276万4800円~284万5800円

20S PRO ACTIVE
(SKYACTIV-G 2.0L/6AT)
286万7400円~317万5200円

2.5S L-PKG 黒革.白革
(SKYACTIV-G 2.5L/6AT)
336万4200円~330万4800円

 

新アテンザの新ボディカラー

新色
マシーングレーメタリック

【MAZDA】エクステリア|アテンザ
引用元:http://www.mazda.co.jp/

シルバーメタリック系のボディカラーと違い、深く濃い金属系の輝きが、ドライバーに視覚的なマシンを操る一体感与えます。

 

アテンザの評判・評価

【MAZDA】試乗車検索
引用元:http://www.mazda.co.jp/

美しい外観

ワイド&ローを強調し曲線を活かした動きのあるデザインに惹かれて購入を決定。全幅が1840mmあり、狭い路地や駐車場では運転に気を使う大きさですが、その分存在感が現れていてスポーティです。マツダはスカイアクティブ第一弾からデザインが秀逸です。

ディーゼルターボは楽しい

1000回転前後でもトルク・レスポンスともに良いです。ターボだけどNA寄りのフィーリングで、1500~2000回転あたりからさらにターボが働いて気持ちよく加速します。6速100キロ走行で1800回転。車速が70~80キロに落ちてもアクセルを踏み込めば、6速でもそのまま加速してくれます。

インテリアのブラックは良い

シンプルでとても良いです。エクステリアもかっこよく、サイドからの姿が気に入ってます。エンジンはディーゼルのわりに静粛性があり、ガソリン車のようなフィーリングです。アクセルは踏み込んだだけ加速してくれます。逆にブレーキは踏み込みが必要です。

サスペンションが良いので乗り心地は固すぎず、柔らかすぎず良いですね。車酔いする家族が酔いません。

まるで輸入車のよう

エクステリアはロングノーズで丸みがあって高級な輸入車を思わせる外観で気に入ってます。ボディカラーは赤。買い物先で愛車を見かけた人からクルマの車種を尋ねられました。

マイナーチェンジで高級感が上乗せされましたね。インテリアは各所の質感にとても満足しています。ちなみに購入したのはガソリン車です。年間そんなに走らないのでディーゼルは必要なく選んだのですが満足しています。

大変満足。

白のアテンザを一目惚れしたのち購入。欧州車のようで高級感とスポーティが両立したデザインが好きです。ジュンセイ19インチホイールがまたマッチしています。

こちらのクルマを見かけた人の視線に運転中ウキウキさせられますコクピットのスイッチ類は最適に配置されており使いやすいです。走りは、峠は駆け登りますし、コーナーは姿勢を崩さずによく踏ん張ってくれます。

引用元:http://kakaku.com/

スポンサードリンク