Read Article

トヨタポルテ特別仕様車F“Raffine/スペイドF“Noble collection”設定2019年7月3日発売

トヨタは、ポルテとスペイドにFグレードベースの特別仕様車・ポルテF“Raffine/スペイドF“Noble collection”を設定しました。

仕様は2018年の特別仕様車と内容は同じとしつつも、エクステリアと予防安全機能の特別装備がバージョンアップされています。

価格帯は2,007,720円~2,158,920円で約2万円の値上がりとなります。

スポンサードリンク

トヨタポルテ特別仕様車設定情報2019

トヨタポルテ特別仕様車2019|F“Raffine/スペイドF“Noble collection”設定

特別装備

☆インテリジェントクリアランスソナー
  1. 対静止物パーキングサポートブレーキ
HIDパッケージ
  1. プロジェクター式ディスチャージヘッドランプ(オートレベリング機能付)
  2. コンライト(ライト自動点灯・消灯システム+ランプオートカットシステム)
革調シボ付ルーフフィルム(ブラウン/ブラック)
  1. 合成皮革+ファブリックの専用シート

 

トヨタポルテ特別仕様車2018|F“Raffine/スペイドF“Noble collection”設定

トヨタはコンパクトミニバンとなるポルテとその兄弟車スペイドに、Fグレードベースの特別仕様車を設定します。

▽ポルテの特別仕様車:F“Raffine(ラフィネ)”

ポルテ

現行の存続が危ぶまれる情報もあります。しかし、実は魅力的で実用的なポルテ・スペイドに安全性向上・エクステリアとインテリアの質感向上を施し、特別仕様車を設定して継続販売します。

エクステリア

  1. 革調シボ付フィルム(2トーン)

インテリア

  1. 本革巻きのステアリングホイール
  2. シフトレバーノブ
  3. 合成皮革とファブリックを組み合わせた専用シート

を特別装備した専用モデルとなります。

ボディカラー|全5色

▽特別設定色:ブロンズマイカメタリック

スペイド

新2トーンルーフを設定し、魅力度をアップします。これで売り上げが維持できるといいですよね。

特別装備

エクステリア・インテリアに特別装備として「HIDパッケージ」「スーパーUVカットパッケージ」を採用。安全性・利便性に配慮された特別モデルとなっています。

価格

ポルテ特別仕様車F“Raffine”
1,979,640円(2WD)
2,130,840円(4WD)

スペイド特別仕様車F“Noble collection”
1,979,640円(2WD)
2,130,840円(4WD)

 

【2017年12月11日】特別仕様車ポルテF“a la mode Brun”/スペイド F“Queen III”

  • Fグレードベース
  • 価格:1,994,760円~2,145,960円

特別装備|ポルテ/スペイド共通

  1. ウォッシャブルカバーシート:ファスナー式で簡単に脱着でき丸洗い可能
  2. スーパーUVカットパッケージ
  3. HIDパッケージ
スーパーUVカットパッケージのセット内容
  1. ウインドシールドグリーンガラス(IRカット機能、UVカット機能、高遮音性ガラス、トップシェード付)
  2. フロントドアガラス(スーパーUVカット+IRカット機能付)
  3. フロントクォーターガラス(助手席側、UVカット機能、撥水機能付)
HIDパッケージのセット内容
  1. マルチリフレクターディスチャージヘッドライト
  2. コンライト

ポルテ特別仕様車 F“a la mode Brun|特別装備

ボディカラー|4色

ポルテ F“a la mode Brun”

  1. アクアブルーメタリック
  2. チェリーパールクリスタルシャイン
  3. ホワイトパールクリスタルシャイン
  4. クリームベージュ
エクステリア|塗装を使い分けて個性を出す仕様に
  • ボディカラーに合わせたホワイト塗装orブラウン塗装(ラジエターグリル/リモコンカラードドアミラー施工)
  • メッキ加飾アウトサイドドアハンドル
  • メッキ加飾バックドアガーニッシュ
  • メッキ加飾パールホワイト塗装樹脂フルキャップ
インテリア|お洒落で落ち着いた車内空間を演出
  • ルーフトリム/ウォッシャブルカバー|千鳥格子柄採用
  • インテリア各所:ブラウンの挿し色配置

ブラウン ブラン

スペイド特別仕様車 F“Queen III”|特別装備

ボディカラー|4色設定

スペイド F“Queen III”

  1. ブラック(特別設定色)
  2. ホワイトパールクリスタルシャイン
  3. ボルドーマイカメタリック
  4. ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
エクステリア|ドレスアップパッケージ
  1. メッキ加飾フロントグリル装着
  2. メッキ加飾ドアミラー装着
  3. メッキ加飾アウトサイドドアハンドル装着
  4. メッキ加飾バックドアガーニッシュ装着
インテリア|上質感のある室内空間を演出

メッキ加飾 千鳥格子柄

ドレスアップパッケージ
  1. メッキ加飾専用意匠デジタル式センターメーター装着
  2. メッキ加飾シフトレバーベゼルリング装着
  3. メッキ加飾インサイドドアハンドル装着
  4. サテン調エアコンレジスターリング装着
  5. ルーフトリム/ウォッシャブルカバー|千鳥格子柄採用

 

【2016年6月30日】特別仕様車ポルテF “a la mode Trois” スペイドF “Queen Ⅱ”

ポルテ F “a la mode Trois”|特別装備

  1. ウォッシャブルカバーシート(水玉模様の専用デザインを採用)(フロマージュ+オーナメントの挿し色)
  2. 模様入りルーフトリム
  3. ブラウン塗装レジスターリング
  4. メッキ加飾シフトレバーベゼル
  5. メッキ加飾インサイドドアハンドル
  6. ブラウン塗装ラジエーターグリル
  7. ブラウン塗装電動格納式ドアミラー
  8. メッキ加飾バックドアガーニッシュ
  9. メッキ加飾アウトサイドドアハンドル
  10. パールホワイト塗装樹脂フルキャップ(ホイール装着)

設定ボディカラー|4色

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン
  2. チェリーパールクリスタルシャイン
  3. クリームベージュ
  4. シトラスマイカメタリック

スペイド F “Queen Ⅱ”|特別装備

  1. ウォッシャブルカバーシート(ストライプ模様)
  2. ブラック内装
  3. 格子柄室内天井
  4. サテン調加飾レジスターリング
  5. メッキ加飾シフトレバーベゼル
  6. メッキ加飾インサイドドアハンドル
  7. 専用意匠のセンターメーター
  8. メッキ加飾フロントグリル
  9. メッキ加飾電動格納式リモコンドアミラー
  10. メッキ加飾バックドアガーニッシュ
  11. メッキ加飾インサイドドアハンドル
  12. スーパークロームメタリック塗装樹脂フルキャップ(ホイール装着)

設定ボディカラー4色

  1. ブラック(特別設定色)
  2. ホワイトパールクリスタルシャイン
  3. ボルドーマイカメタリック
  4. ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

価格

ポルテ F “a la mode”
194万9400円(2WD)
210万600円(4WD)

スペイド F “Queen”
194万9400円(2WD)
210万600円(4WD)

 

【2014年5月8日】ポルテ特別仕様車 F “a la mode”

ポルテのFグレードにアラモード特別仕様車が追加され、トヨタから発売されました。価格は10万円アップの178万円。燃費は19キロ(2WD)です。

ポルテがオシャレなエクステリア仕様車を追加

アラモードの特徴はグリル&サイドミラーにボディ色と異なる色を取り入れて、ワンポイントカラーをコーディネートした部分です。近ごろ、この傾向が流行っていますね。

大昔なら、ボディの上下で白黒を採用したパンダ色のツートンカラーが流行った時代がありました。この時代は、まだ塗装やデザイン、加工の技術が今のように高くなくて、車に求めるものが主に社会的ステータスの時代の話です。

今は、誰でも車を持てる時代になり、車に求めるものが個人の趣向やセンスとなりました。1車種に形、種類、色の違い以外の個性を求めるなら、人とかぶってしまうと嫌だし、少しでも自分だけの車という存在にしたいですよね。

特に、世間的に「車を買わなくなった・・・」と言われる昨今、20代30代の子持ちのお父さんお母さんをターゲットに販売するなら、ある程度の細かな車両の差別化を図る戦略が必要です。

ポルテは室内空間が広くて、快適な室内装備が揃っています。

家族に使い勝手が良く、フル揃ってる!ポルテ

ウリは、助手席側のワイヤレススライドドア。開口部が広いため乗車する人やモノの移動がスムーズです。これにプラスして、お母さんと子どもの乗り降りを楽にする低床設計。

ベビーカーもそのまま乗せられるスペースを作れる跳ね挙げ式の後部座席などが装備されているので、お子さんがまだ小さなご家族に最適な一台です。

他にも、助手席は前後70センチ移動できて、運転席真横辺りまで収納でき、より広いスペースを作れます。CMで、頭の大きなハトのお父さんが余裕で運転席に座っているように、室内高もあり視界が広々としています。

横縦のスペース共にあるので、室内空間はかなり快適ですね。車幅も普通車サイズで、軽自動車のような窮屈感はないでしょう。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://toyota.jp

Return Top