XVハイブリッド特別仕様車2016「tS」発売

XVハイブリッド特別仕様車2016「tS」発売

 

STI(スバルテクニカインターナショナル)は特別仕様車スバルXVハイブリッドtS」2016年秋発売予定。

7月先行予約を開始しました。

この特別仕様車は

XVハイブリッド20i-L アイサイト(286万2000円/2015年10月マイナーチェンジ)

をベースに

  • 足回りを専用チューニング
  • 内外装に専用装備
を追加したSTIのコンプリートカー。最大出力150ps/4200rpm、最大トルク20kgmを発生。水平対向DOHC 2.0Lエンジン搭載+CVTの4WDとなります。

価格は332万6400円。燃費20.4km/L。


スポンサードリンク
 

 

特別仕様車スバルXVハイブリッドtSのインテリア

  • 本革+ウルトラスエード(ブラック)
  • 合成皮革(オレンジ)
  • トリコット(アイボリー)
を組み合わせた専用シートを採用。

シート表皮(肩部中央)には、STIロゴがオレンジのステッチであしらわれています。

 

特別仕様車スバルXVハイブリッドtSのエクステリア&足回り

オレンジピンストライプを施したSTI性の

フロントスポイラー
サイドアンダースポイラー

などを装着。詳しくは以下。

 

特別装備

  • ブラック電動式格納ドアミラー
  • HIDロービームランプ(ブルーインナーレンズ/ブラックアイライン付)
  • ダークメッキ加飾付フロントグリルSTIオーナメント
  • フロントフォグランプカバーデカール(STIロゴ入り)
  • STI製フロントスポイラー(オレンジピンストライプ)
  • カラードアハンドル
  • STI製サイドアンダースポイラー(オレンジピンストライプ)
  • 17インチアルミホイール(オレンジ塗装/切削光輝)
  • STI製フロントストラット
  • STI製フロントコイルスプリング
  • STI製フレキシブルドロースティフナーフロント
  • 高剛性クランプスティフナー(左右)
  • STIフレキシブルタワーバーフロント
  • STI製リアダンパー
  • STI製リアコイルスプリング
(メーカー装着オプション)
  • ブラックルーフレール
  • ルーフエンドスポイラー(オレンジピンストライプ)
  • STIオーナメント
  • tSオーナメント
(STIオプション)
  • STIスポーツマフラー(STIロゴ入り)
 

ボディカラー(3色)

  • クリスタルホワイトパール
  • クリスタルブラックシリカ
  • ハイパーブルー
 

スバルXVハイブリッドとは?

インプレッサとXVのトップグレードに位置づけられます。

スバル初のハイブリッド車で

インプレッサのクロスオーバーSUV
XVのハイブリッドグレード

「エンジョイ ドライビング ハイブリッド」をコンセプトに、「誰がどこで乗っても気持ちよく、運転が上手になるクルマ」を目指し開発。

ハンドリング
乗り心地

の質感を重点的に向上させたモデルです。

また、走りの質感も高められ、インプレッサとひと味違う、個性的な専用エクステリア・インテリアを与えられています。

他社のSUVとは異なる、しなやかでスポーティなSUVに仕上げられました。

 

XVハイブリッド2.0-i Lアイサイトの評判・口コミ

アイサイトがいい

追従クルーズコントロールは素晴らしく、渋滞でもハンドル操作をするだけで走れちゃいます。1時間の通勤でも疲れない。クルマの気に入った点は、ボディサイズとハンドリング、4WD性能です。

未来的なデザインがお気に入り

ノーマルのXVとの違いは、クリアテールランプ・ブルーインナーレンズの装備。ハイブリッドによく採用される近未来的なパーツ採用が気に入っています。リアデザインはタイムマシンのようです。純正ホイールは個性的で空力性能を考えているところが優秀です。

エンジンは振動が少なくパワフル

ノーマルのXVよりも低振動化されている。パワーも十分で、0~60km/hあたりのモーターアシストはかなりパワフル。アクセルをしっかり踏み込めば、アシストがよくかかります。しかし、ダイレクト感がさらに向上すればもっと楽しいのにと思います。

レガシィアウトバックから乗り換え

4WDで軽快に走るモデルを探していてインプレッサ(ついでにハイブリッド)に辿り着く。ハイブリッドの燃費とモーターの馬力(数字)には不満が残るが、アイサイトの衝突回避システムは今後もなくてはならないものになった。

そして、ボディ剛性。歪みを感じさせないガッチリ感は、峠の登りでも「きっちり姿勢を保つ」安定感があります。剛性はアウトバックより上に思います。

乗り心地が最高

地面に吸い付くような安定感がある走行性能のおかげで長時間運転していても疲れません。高速道路では横風が吹いてもビクともしない安定性を保ちます。

モーター性能の数値に否定的意見はありますが、エンジン性能が高いので、モーター力が小さくても加速は抜群です。

引用元:http://s.kakaku.com/review/K0000525865/

スポンサードリンク