Read Article

次期アウトランダーPHEV2018年春発売「プラグインハイブリッド採用」

次期アウトランダーPHEV。

2016年秋に開催されるパリモーターショーで、その新型モデルグランドツアラーコンセプトを発表します。

 

スポンサードリンク

 

グランドツアラーコンセプト(次期アウトランダーPHEVのエンジン

PHEVのシステムは

V6 3.0L ガソリン+スーパーチャージャー+モーター

を組み合わせるプラグインハイブリッド

ミッションに

・8速オートマ
・フルタイム4WD
・S-AWC

技術を投入し、

オンもオフも走破する先進のドライビングテクノロジーとなります。

 

S-AWCとは?

AWC思想を高次元で実現する「車両運動統合制御システム」のこと。

4輪の駆動力・制動力を思いのままに制御し、いかなる走行環境においてもドライバーの操作に忠実な挙動を実現するためのもの。

S-AWCの搭載により、誰が運転しても気持ちよくドライビング可能な

「走る喜び」
「確かな安心」
「意のままの操縦性」
「卓越した安定性」

を高いレベルでユーザーに提供します。

ちなみに、現在の三菱モデルでS-AWCシステムを標準搭載しているのはアウトランダーPHEV。

同車ガソリン車だとメーカーオプションの設定になります。

 

グランドツアラーコンセプト(次期アウトランダーPHEVのデザイン

 

先出し画像になりますが

・後方に尖った赤いルーフ
・シルバーのボディ

が特徴的で、ルーフは疾走感を表現し、ボディは三菱を象徴する

・シルバーの「高い剛性感」
・肉厚でタフな印象

が見てとれます。

三菱がグランドツアラーコンセプト(次期アウトランダーPHEV)のデザインにより示すのは

「可能性の拡大」
「機能的な美しさ」
「強固な押し出し感」
「日本のクラフトマンシップ」

という4つの要素を含んだ方向性。

※クラフトマンシップ:職人の技能技巧。職人芸。

Return Top