Read Article

スポンサードリンク

新型RVR後継|ダイナミックシールドデザイン採用|2021年春?発売予想

三菱はRVRの後継モデルを2021年に発売予想。

新型RVRは、ボディ含む基本設計を三菱が担当。
プラットフォームは新型ジュークと共用するとの(古い)情報です。

エクリプスクロスとの差別化のため、
サイズダウンしてコンパクトクラスになると予想されています。

 

スポンサードリンク

 

エクステリア

新型RVR後継のフロントマスクは、
今、三菱の流れであるダイナミックシールドデザインを採用。

縦置き大型LEDフォグボックスが特徴で
迫力あるフロントマスクになります。

Mitsubishi eX Concept 3 Mitsubishi eX Concept 10 Mitsubishi eX Concept 8

シルエットは「クーペスタイル」となり、
現行の「ムックリしたリア周辺」はスタイリッシュに絞り込まれます。

 

ボディサイズ(特にリア)はコンパクトにまとまっていますね。

Mitsubishi eX Concept 1 Mitsubishi eX Concept 6

ボディサイズ

全長:4240mm
全幅:1780mm
全高:1575mm

 

旧RVRのコンセプトモデルであるASXの第2世代「ASX」として、
米国では予想CGが紹介されていました。

MITSUBISHI eX Concept2

 

以下は、実車に近く「走行シーン」
「陸での佇まい」をCG加工したものです。

Mitsubishi-eX-Concept-1 Mitsubishi-eX-Concept-2 Mitsubishi-eX-Concept-3 Mitsubishi-eX-Concept-4

 

 

三菱はエクリプスクロスが
三菱独自開発の最終モデル
と明言しています。

なので、新型RVRは次期ジュークと
OEM関係となる可能性も高まります。

新型ジューク・ルノーキャプチャーとプラットフォーム共用

新型RVR後継は、新型ジュークや
ルノーの「キャプチャー」に採用されている

「Bプラットフォーム」ベースの
新プラットフォーム(CMF-B)を採用します。

 

また、RVRはエクリプスクロスの登場により
「キャラが被る」ため、次期型はサイズダウンして

コンパクトクラス(ジュークサイズ)になると言われています。

 

ではここで、新型RVR・ジューク・キャプチャーそれぞれの画像を
並べて比較してみましょう。

ダイナミックシールド・Vモーショングリルの差しかないようにも思える
デザインとなっています。

三菱・新型RVR後継コンセプト

Mitsubishi-eX-Concept-5 Mitsubishi-eX-Concept-8MITSUBISHI eX Concept2

 

日産・新型ジューク

グリップス11

 

ルノー・キャプチャー

ルノー キャプチャー

 

 

それでは次に、新型RVR後継のインテリアの様子になります。

インテリア

Mitsubishi-eX-Concept-11 Mitsubishi-eX-Concept-12ダウンロードインテリア1

インフォメーションディスプレイ下部に、
別のディスプレイが存在。

エアコンなどの調整情報が表示されるディスプレイっぽいですね。

 

また、センターコンソール部には
タッチ式の変速パネル(P・R・D・N)が用意されています。

インテリア3

 

 

新型RVR後継のパワートレインは
日産・三菱ともに担当すると予想されています。

新型ジュークとパワートレーン共用

となると

  • e-POWER(1.2L)
  • 日産1.5Lガソリン&1.6Lターボ

が候補として挙がります。

e-POWERのスペックは以下。

e-POWER|スペック

エンジン:直3 1.2L エンジン+モーター
最高出力:79ps/5400rpm
最大トルク:10.1kgm/3600-5200rpm
モーター最高出力:109ps/3008〜10000rpm
モーター最大トルク:25.9kgm/0-3008rpm
駆動:FF
JC08モード燃費:30キロ

 

ノートe-POWERに電動4WDが採用されたように
新型RVRにも同4輪駆動システムを採用することになるでしょう。

 

新型ジュークは、1.5Lガソリンを標準グレードに搭載。
1.6Lターボは、スポーツモデルに搭載すると言われています。

 

一方で、三菱も個別にパワートレーンを用意するとの情報もありました。

【参照】三菱が別に用意すると予想されるパワートレーン

  • ガソリンエンジン
  • クリーンディーゼル?(エクリプスクロス・デリカD:5搭載「2.2L」)
  • PHEV?(アウトランダーPHEV搭載システム)

のうち、可能性が高いのは「ガソリンエンジン」となるようです。

 

その他のパワートレーンの内容はすでに他モデルに搭載され
その内容は判明していますね。

クリーンディーゼル|エクリプスクロス・デリカD:5搭載

エクリプスクロスに搭載される
改良型「2.2Lクリーンディーゼルターボエンジン」を

新型RVR後継に搭載の可能性があります。

MIVEC(エンジン効率化)システムを採用し改良が施された最新型です。

スペック|デリカD:5

最高出力:150ps/3,750rpm
最大トルク:400Nm/2,200〜2,250rpm
JC08モード燃費:15キロ


これらパワートレーンを
グレード別に使い分けて燃費向上を図り、

走行状況に応じた走行性能の
「最適化」を図ると言われています。

 

PHEV|アウトランダーPHEV「2019年モデル」搭載

EV化の可能性は今のところ低いとの情報ですが、

搭載される場合はアウトランダーPHEVに新搭載された
「2.4Lエンジン」のPHEVとなります。

 

当エンジン改良内容は以下。

  • バッテリー・モーターの出力効率向上
  • エンジン排気量アップ:2.4Lに拡大(現行モデル:2.0L)
  • カムプロフィール変更
  • バルブタイミング制御による高膨張比サイクル(アトキンソンサイクル)化
  • 出力の最大化を抑制して静音化
  • 「エンジン発電制御」全域見直し
  • エンジン音を大幅に縮小
  • 発電によるエンジン始動時の違和感も低減
  • 新駆動用バッテリーを採用
  • モーター・ジェネレーター出力向上
駆動用バッテリー

容量:約15%向上
最高出力:約10%向上
ジェネレーター・リアモーター出力:約10%向上

 

 

以上となります。

 

 

追伸情報

関連記事


「SUV」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top