カローラアクシオ特別仕様車2016「ハイブリッドG50リミテッド」発売

トヨタ「カローラアクシオ」特別仕様車ハイブリッドG50リミテッド発売

 

トヨタは、初代カローラ発売から50年を記念して、カローラアクシオのハイブリッド「HYBRID G」に

特別仕様車「HYBRID G 50 Limited」を設定。

2016年9月1日に発売します。

主な特徴は

・初代カローラを象徴する赤い内装を採用
・花冠エンブレムを採用
・限定500台を発売
・価格240万円

といったモデルとなります。


スポンサードリンク

 

 

初代カローラの歴史

1966年に発売された初代カローラ。

「人目をひく、美しいスタイルのハイコンパクトカー」をコンセプトに開発されました。

カローラの名は、ラテン語で「花の冠」を意味し、エンブレムには花冠があしらわれます。

初代カローラは当時、クルマのあらゆる面で80点以上を突破させるという、「80点主義+α」のトヨタらしい厳しい発想のもとに開発されたクルマ。

それから50年のあいだに、進化に進化を重ね、現在のカローラアクシオになりました。

長い歴史の中で、どれほどの人たちが汗水流してクルマ開発に携(たずさ)わったかを思うと、感慨深いです。

いまは良いクルマが当たり前で、「もっと良いものを」と120点+α主義ですからね。笑

 

カローラアクシオ特別仕様車2016のコンセプト

初代カローラを元に配色やパーツの配置をデザイン。

赤色の内装
花冠エンブレム

シートを中心にインストルメントパネル、フロントドアへと車内を見渡すような目線で赤く染まるインテリアは、

記念モデルでしか採用されないほど鮮やかな仕上がりになっています。

 

カローラアクシオ特別仕様車2016の特別装備

朱色に近い赤い発色からわかるように、開発者は「モダンでありながらもスポーティな室内空間」を表現しました。

カローラを象徴する、スポーティさをあらわす赤いシートを与え、「花の冠」をモチーフとしたエンブレム。

このエンブレムをシートの背もたれ部とリア「カローラアクシオ」エンブレム下部に配置しています。

たしかにこの「赤い内装」を目にした場合、当時をカローラと一緒に過ごした人は懐かしさを感じ、

当時を知らない人はカラーリングの珍しさにハッとさせられるでしょう。

ほか特別装備は、

・ドットパターンのフロントロアグリル
・Bi-Beam LEDヘッドランプ
・185/55R16タイヤ&アルミホイール

をスタイリッシュなスタイルになるように採用しています。

 

カローラアクシオ特別仕様車2016の設定ボディカラー&価格

専用ボディカラー

・ホワイトパールクリスタルシャイン※
・ブラックマイカ

※メーカーオプション32400円高

価格

240万円

 

編集後記

初代カローラのボディの小ささに驚きます。

しかし、幼いころの遠い記憶のなかで走っていたのは、このサイズのクルマたち。古きよきを感じます。

スポンサードリンク