アルファード特別仕様車2016「タイプブラック」発売

トヨタ「アルファード」特別仕様車2016!タイプブラック発売

 

トヨタは2016年7月4日、アルファード特別仕様車

「S」 Aパッケージ TYPE BLACK
「SA」 TYPE BLACK

を設定し、発売しました。

アルファードは、2015年1月に新型へ生まれ変わっています。新型初の特別仕様車は、2.5L「S」と3.5L「SA」グレードに設定。

特別装備により上質感を高め、それらのカラー配置で個性的な内外装に仕上げられています。

価格帯は392万6291円~451万1455円

特別装備として、

・専用ゴールドエンブレム
・メッキガーニッシュ付フォグランプ
・専用シート表皮

を装着したモデルです。


スポンサードリンク

 

 

アルファード特別仕様車の特別装備

エクステリア

・専用ゴールドエンブレム(フロント)
・ダークメッキガーニッシュ付フロントフォグランプ
・高輝度塗装の専用アルミホイール

・バックドアガーニッシュ
※スモークメッキ
(フードモール)
(フロントグリル)
(ミッドグリル)

・インサイドドアハンドル
※メッキ
(フロント/リア)

 

インテリア

・専用シート表皮
※ウルトラスエード
※クロコ調柄合成皮革

・黒木目調本革巻き4本スポークステアリングホイール

・ブラックのルーフヘッドライニング

・パワーバックドア
※挟み込み防止機能付

・アクセサリーコンセント
※AC100V

・スマートキー
※専用ゴールド加飾
※ウェルカムパワースライドドア
※予約ロック機能付

解説

シート表皮は、滑らかな風合いのウルトラスエードを採用し、ブラックのメインカラーに

・ブラウンのドットのショルダー
・ダークブルーのクロコ調柄の合成皮革

を組み合わせて、個性的なデザインに作られています。

 

アルファード特別仕様車のグレード別価格

「S」 Aパッケージ TYPE BLACK

2.5L(Super CVT-i)7人乗り 2WD
392万6291円

2.5L( Super CVT-i )7人乗り 4WD
417万6655円

 

「SA」 TYPE BLACK

3.5L(6 Super ECT)7人乗り 2WD
431万7055円

3.5L(6 Super ECT)7人乗り 4WD
451万1455円

 

アルファードのエンジン(燃費)性能&駆動システム

2.5L 2AR-FE Dual VVT-iエンジン

(Super CVT-i=自動無段変速機)

・低速域からトルクフルな加速
・優れた燃費性能

この2つを両立したエンジンです。

Dual VVT-i=吸排気連続可変バルブタイミングや可変吸気システムを採用することにより、トルクを大幅に向上。

街中も高速も、力強くのびやかな発進/加速を体感できます。

・高効率吸気ポートやコンパクト燃焼室の採用
・圧縮比最適化

により、エンジンの熱効率を向上し、11.6~12.8キロの低燃費を実現。

アルファードの体格から見ると 妥当な燃費性能ですね。

これらエンジン性能を、動力としてタイヤに伝えるのが駆動システム。

Super CVT-i=自動無段変速機が、リニアな加速フィーリングと低燃費を実現します。

 

ドライバーの運転状況から、最適な制御を選択。通常走行なら、スムーズ&低燃費を。

加速時なら、力強くリニアな加速フィーリングを体感させてくれる性能を持ち合わせています。

 

V6 3.5L 2GR-FE Dual VVT-iエンジン

(6 Super ECT)
(6速シーケンシャルシフトマチック)

・エンジンの軽量化
・吸排気システムの最適形状化
・吸/排気バルブの開閉タイミングの最適化
(Dual VVT-i)

これら技術投入により、豊かなエンジンパワーを実現。

さらに、吸気に可変吸気システムを採用することにより、低中速域から高速域、全域にわたり力強いパフォーマンスを発揮し、優れた燃費性能も実現。

とは言え、カタログ燃費は9.5Lとなかなか厳しい数字。

しかし、2WD車であれば、「75Lの燃料タンク」を採用しており、航続可能距離の大幅拡大が図られています。

 

この大容量エンジンに組み合わされる駆動システムが、

6 Super ECT(スーパーインテリジェント6速オートマチック)

V6 3.5Lエンジンの豊富な動力性能を、余すことなくスムーズに引き出します。

・ギア比設定の範囲が広い(ワイドレンジ)
・各ギアの間隔を近接させている(クロスレシオ)

により、優れた発進/加速性能と燃費性能を発揮。

また、ドライバーに運転する喜びを与えてくれる「6速シーケンシャルシフトマチック」を採用。

シフトを「S」ポジションに合わせるとショートストロークのシフトレバーに変わり、マニュアル感覚のシフトフィールで運転を楽しめます。

 

アルファードの居住性&静粛性

居住性

ロングスライドレールの採用により、最大1160mmの助手席スーパーロングスライドが可能。

シートサイドのスライドレバーを引けば、助手席がフロントエリア最後端で一旦停止。

そして、再度レバーを引けば、さらに後方への移動が可能な2段階ロングスライドができます。

これは、同一レール上にスライド可動域(助手席~セカンドシート)を設置していることで実現。

マニュアルオットマンの採用により、シート間のゆとりやくつろぐが大幅に向上されています。

 

静粛性

走行中でも会話のしやすい室内環境を実現。

・振動/騒音を抑える高剛性ボディ
・塗布型制振材を適切配置

さらに、エンジンルームと室内を隔てるダッシュパネルにサンドイッチ鋼板を設置することにより、

・エンジンノイズ
・ロードノイズ

を低減させています。また、

・吸遮音材の適切配置
・フロントガラスに高遮音材ガラス採用

により、高い静粛性を実現しています。

スポンサードリンク