Read Article

ワゴンRフルモデルチェンジ「NAモデル2段型ヘッドライト&HVターボ搭載」

スズキの人気軽自動車ワゴンR2017年2月1日発売。新型となり6代目に突入するワゴンR。

ボディサイズに変化はないもののデザインは大幅に変更されます。特にフロントマスクやリアビュー、インテリアの質感に手を加える予定です。

他にも

  • 2段型ヘッドライト(NAモデル)採用
  • 新世代軽量プラットフォーム採用
  • リアバンパーに水平ランプを採用
  • デュアルカメラブレーキサポート搭載

などの変更を予定しています。

 

スポンサードリンク

 

新型ワゴンRのエクステリア&インテリア

2段型ヘッドライト(NAモデル)・水平ランプリアバンパー採用

エクステリア

NA(自然吸気エンジン)モデル

  • 水平2段型ヘッドライト採用
  • 水平リアコンビネーションランプ採用

ターボモデル(スティングレー)

  • タテ型ヘッドライト採用
  • 水平リアコンビネーションランプ採用

 

これまで、NAモデルが「タテ型ヘッドライト」を採用していました。

新型ワゴンRは、現行スティングレーのフロントマスクと入れ替わるように、NAモデルに「水平ヘッドライト」が採用され、しかも2段タイプ。

スティングレーは、かなり個性的なタテ型ヘッドライトを採用。

イメージはヴェルファイアルックのブル顔。ワルい見た目になりましたね。。^^

グリルもNAモデルとは異なる独立式グリルを採用し、個性的なフロントマスクでノーマルとコンセプト分けます。

 

インテリア

そして、インテリアは2モデル共、「質感の向上」「装備の充実」に力を注ぎます。

ハイブリッドFZ/FXには軽自動車初のヘッドアップディスプレーを装備。おっしゃれー。

車速・シフト位置・警告などの表示をしてくれます。

目線を進行方向に保つ時間が増えるので、運転時の負担軽減になります。

兼ねてから「ダイハツの内装は高品質」という事実に負けないよう、スズキもインテリアの充実に力を入れます。

 

新型ワゴンRの価格

2WD

FA
107万8920円

ハイブリッドFX
117万7200円
127万3320円(セーフティパッケージ装着)

ハイブリッドFZ
135万円
140万9400円(セーフティパッケージ装着)

 

4WD

FA
120万2040円

ハイブリッドFX
129万8160円
139万4280円(セーフティパッケージ装着)

ハイブリッドFZ
147万960円
153万360円(セーフティパッケージ装着)

 

新型ワゴンRスティングレーの価格

2WD

L
129万3840円
135万3240円(セーフティパッケージ装着)

ハイブリッドX
148万8240円(セーフティパッケージ装着)

ハイブリッドT
165万8880円(セーフティパッケージ装着)

 

4WD

L
141万4800円
147万4200円(セーフティパッケージ装着)

ハイブリッドX
160万9200円(セーフティパッケージ装着)

ハイブリッドT
177万9840円(セーフティパッケージ装着)

 

新型ワゴンR(FA 2WD)のスペック

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1650mm
ホイールベース:2460mm
車両重量:750キロ(FA 2WD)
エンジン:R06A型 直列3気筒DOHC 658cc
最高出力:52ps/6500rpm
最大トルク:6.1kgm/4000rpm
ミッション:CVT
燃費:26.8キロ(FA 2WD)

 

新型ワゴンRスティングレー(HYBRID T 2WD)のスペック

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1650mm
ホイールベース:2460mm
車両重量:800キロ(HYBRID T 2WD)
エンジン:R06A型 直列3気筒ターボ 658cc
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.0kgm/3000rpm
モーター出力:3.1ps/1000rpm
モータートルク:5.1kgm/100rpm
ミッション:CVT
燃費:28.4キロ(HYBRID T 2WD)

 

新型ワゴンRの性能

新世代軽量プラットフォーム採用

アルトに採用された軽量新世代プラットフォームを採用し、35キロ目標の燃費に貢献。

パワートレイン

NA(自然吸気エンジン)モデル

  • 改良型Sエネチャージ(モーターアシスト)
  • ボディの軽量化によりクラスNo.1燃費へ

NA&ターボ(スティングレー)を設定

キープコンセプトでスティングレーも継続設定。デザインは入れ替わる流れになる。

デュアルカメラブレーキサポート搭載

  • 前方衝突警報機能
  • 前方衝突警報ブレーキ機能
  • 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
  • 自動ブレーキ機能

(メーカーオプション)

  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能

進化型Sエネチャージ(マイルドハイブリッド)搭載
最高燃費33.4キロ
新TECTボディテクノロジーで10%軽量化
約50キロ前後の重量軽減750キロ
AGS搭載は検討中

 

追記

いよいよ軽自動車にストロング(フル)ハイブリッドを搭載するのではないか?との情報も発売前にありました。

以前、軽自動車のマイルドハイブリッド化の話が出たとき、ライバル・ダイハツから「待った」がかかりました。

フルハイブリッドとなれば、軽自動車業界全体に影響が出ますよね。ライバルとなるメーカーはたまったものではありません。

しかし、そのダイハツはトヨタ完全傘下となり自由にやっていますよ。

2016年中は新型トールを発売。トヨタとスバルへのOEM供給で、販売ルートを多様化するなどし話題を作りました。

では次に、必ずスズキが反撃に出るはずです。それが「軽自動車へのフルハイブリッド搭載」です。実現するといいですけどね。

その後、スズキもトヨタと提携の話が出ています。おそらく、トヨタは軽から高級スポーツカーまで含めた自動車業界の変革を目論(もくろ)んでいるからでしょう。

このような動きを見ていると、軽自動車大手2社は今後、トヨタの協力を得て有利な展開と転機を迎えることと思います。

Return Top