プレミオ/アリオンマイナーチェンジ2016大幅デザイン変更

トヨタ「プレミオアリオン」マイナーチェンジ!大幅デザイン変更

 

1957年、トヨペット・コロナから始まり、コロナ/カリーナ、そして現在へと進化してきた

「5ナンバーロングセラーセダン」プレミオ&アリオン

 

2016年6月13日マイナーチェンジがほどこされ、

・フロントグリルの大改革
・シャープな形状のヘッドランプ
・インテリアに一体感を表すデザイン採用
・メーター周りを一新
・新色「ブラキッシュアゲハガラスフレーク」追加

といった大幅な変更をしています。

 

まとめて言えば、クラウンシリーズの「らしさ」を採り入れており、

穏やか ⇒ 活発スポーティ

へと「凄み」が増した印象になっています。


スポンサードリンク

 

 

新プレミオ&アリオンの変更点

エクステリア

高級感&スポーティなデザインへ

・フロントグリル
・ヘッドランプ
・グリル
・リアコンビネーションランプ

とくに変わったのは「グリル

プレミオは「クラウン・ロイヤル

アリオンは「クラウン・アスリート

とほぼ似た造形のグリルを採用。両モデルの違いは、ここに一番現れています。

ほか、2モデル共通で、グリル下~ヘッドランプ下へと流れ込むシルバーメッキのラインが入り、ヘッドランプに「目力」がついています。

 

リアコンビネーションランプ」は、

プレミオ
:C字グラフィック
:深みのあるレンズ色

アリオン
:奥行き感のある造形
:6眼ストップランプ

により、それぞれ個性を表現。リアにも高級感を持たせています。

 

百聞は一見にしかず
 
 

インテリア

・インストルメントパネル形状
・メーター
・内装色
・シート表皮

インストルメントパネル」は、センタークラスターからシフトレバーまでの形状を変更。

一体感をもたせ、シンプルにまとまりました。

 

メーター」は、4.2インチカラーTFT液晶を採用したことにより、多くの情報を高解像度で表示し、見やすさが向上。

照明色、メーター指針」をホワイトに統一し、高級感が上がり、視認性も向上しています。

 

内装色&シート表皮」は、

本革シート:落ち着きのあるブラウンで上質に

ファブリックシート:アイボリーから明るいフラクセンに変更

ブラック色で統一されたインテリアとのコントラストにより、オシャレさがアップしています。

 

安全装備

・トヨタセーフティセンスC
・インテリジェントクリアランスソナー
・ドライブスタートコントロール
・緊急ブレーキシグナル

を標準装備。

「セーフティセンスC」は、おなじみ、さまざまなリスクに対する予防安全装備をパッケージングしています。

 

インテリジェントクリアランスソナー」とは、最近多い、アクセルの踏み間違いや踏みすぎによる、駐車時の衝突回避、衝突被害を軽減。

フロント&リアに、たくさんのセンサーが検知し予防してくれます。

 

ドライブスタートコントロール」とは、たとえば後退時に衝突し、あわててアクセルを踏み込んだまま

シフトをバックからドライブに変更してしまった際に、

・表示で注意
・エンジン出力を抑える

機能が働いて、被害軽減します。

 

緊急ブレーキシグナル」とは、急ブレーキをかけた際に、ハザードランプが自動的に点滅。

後続車に「急ブレーキ」を知らせる機能です。

これら安全装備が、発進時や走行時、ドライバーに力添えしてくれます。

 

新プレミオ&アリオンのボディカラー

全8色

・スーパーホワイトⅡ
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・シルバーメタリック
・アティチュードブラックマイカ
・ブラキッシュアゲハガラスフレーク
・ダークレッドマイカメタリック
・ダークシェリーマイカメタリック
・フロスティーグリーンマイカ

 

新プレミオ&アリオンの価格

プレミオ
190万8655円~271万1782円

アリオン
189万7855円~267万5455円

 

編集後記

「セダン低迷」も報じられるなか、トヨタは老舗セダンにビッグマイナーチェンジをほどこす強気

しかしそこには、今までのデザインを卒業し、「ほんとうに作りたかったクルマ」へと直す、クルマへの愛情と挑戦が含まれているように感じます。

スポンサードリンク