Read Article

スズキ新型カプチーノ|「4WD軽スポーツ」で復活か?

「ダイハツ・コペン」「ホンダ・S660(ビート)に続き、スズキ・カプチーノも復活?との情報。

また、他メーカーでは、扱いやすい軽スポーツをサイズ拡大し、「コンパクトスポーツ」を開発する動きがあります。


スズキ新型カプチーノ|モデル情報

  • カプチーノ後継モデル
  • スイフト似スポーティ意匠
  • 切れ長ヘッドライト装備
  • アルトプラットフォーム採用
  • 駆動:FF/4WD
  • 軽量化
  • 直列3気筒DOHCエンジン
  • 価格:200万円前後

 

スポンサードリンク

 

エクステリア

フロントからリアにかけて、シャープに上がるスポーティラインが特徴のデザインが予想されています。
ネット上に散見するCG画像では「スイフトのフロントデザイン」を採用しており、

  • シャープなヘッドライト形状
  • ボリューミィな前後フェンダー
  • 疾走感を表す滑らかなキャラクターライン

などの特徴が見られます。

 

ライバルを意識した「コペン+S660」な予想デザインですが、
スズキは軽自動車で「レトロ」や「原点回帰」を表現する流れなので

もっと懐かしめるデザインを採用することでしょう。

スズキ・カプチーノ1

 

では、ボディサイズの予想はどう出ているでしょう。

ボディサイズ
  • 全長:3395mm
  • 全幅:1475mm
  • 全高:1200mm
  • ホイールベース:2460mm

全長全幅はコペン・S660と同等。全高がコペンより低く、S660よりも高くなります。

 

 

さらに、スポーツ走行がより軽快になる積極的な「軽量化」を実施予定です。

4WDで700kg前後の車重を実現

当時のカプチーノもエアコン搭載で700キロの車重を実現し話題でした。

今回は

  • アルトプラットフォーム採用
  • 4WD技術を搭載して700キロ

を実現していくという予想です。

ライバル(ダイハツ・コペン/ホンダ・S660)より200kg近く軽いので、
運動性能は上がりますが、「ボディ剛性の弱さ」は隠せないのかもしれません。

 

 

では、ルーフの特徴は旧モデルからどう進化するでしょうか。

電動開閉ルーフ採用?

新型カプチーノは「電動化」を採り入れ、コペンと同じように
電動油圧ポンプ式・開閉ルーフのアクティブトップを採用するかもしれません。

そうなると電動ルーフの収納場所がリアに必要になるため、
「旧カプチーノのロングノーズスタイルは継承されない」ということになりそうですね。

先代は、3ピース構成のルーフで「トランク収納」できたため、
フルオープン・タルガトップ・Tバーフールの3つの形態を選択できました。

 

 

では次に、「パワートレーン」についての予想です。

搭載エンジン

パワートレーン

エンジン:660cc直3ターボ|R06A
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.2/3000rpm
トランスミッション:5MT/5AGS

新型カプチーノは、アルトワークスのパワートレーンを採用します。
そのため、駆動方式に「FF」と「4WD」を設定します。

 

 

そのパワートレーンから導き出される新型カプチーノの燃費は?

予想燃費

22キロ」の予想です。この数値は、アルトワークス5MT/4WDと同じです。

 

 

ここまでの情報から設定される価格はいくらでしょうか。

予想価格

価格:180~210万円

アルトワークスは150万円(FF)/162万円(4WD)。スポーツに特化したスペシャリティな軽自動車な分、
アルトワークス+30万円~40万円の価格設定が予想されます。

 

 

では、ここまでに見てきた新型カプチーノのスペックとライバル軽スポーツとのスペック比較をまとめてみます。

ライバル(コペン/S660)スペック比較

※スマホは左右にフリック(滑らせる)で閲覧可能です。

車種
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 燃費
  • 価格
  • 駆動
  • 車重
新型カプチーノ
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1200mm
  • 64ps/6000rpm
  • 10.2/3000rpm
  • 22キロ
  • 180万円
  • FF/4WD
  • 700キロ
コペン
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1280mm
  • 64ps/6400rpm
  • 9.4/3200rpm
  • 22.2キロ
  • 182万円
  • FF
  • 850キロ
S660
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1180mm
  • 64ps/6000rpm
  • 10.6/2600rpm
  • 21.2キロ
  • 198万円
  • MR
  • 830キロ

 

 

追伸情報

関連記事

「軽自動車」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://gazoo.com

 

かつて旧軽2シーターオープン3台(カプチーノ・コペン・ビート)で争いました。
2018年以降、また、その「楽しさ」が戻ってくるかもしれません。

燃費不正問題を越え、信用を取り戻し、新型カプチーノ復活を遂げてほしいです。

 

軽オープンスポーツで、「こんな景色を走る」と最高です。

【動画】S660はマシンとの一体感を感じられるクルマ

Return Top