カプチーノ新型2018年秋に4WD軽スポーツで復活か?

スズキ「カプチーノ」2018年秋に4WD軽スポーツで復活か?

 

ダイハツ「コペン」、ホンダ「S660」に続き、スズキの「カプチーノ」も復活か?との情報。

2016年6月8日現在、燃費不正問題で経営責任を明確にするためスズキ会長がCEOから退任するなどスズキの社内事情が揺れるなか、

もし「軽スポーツ」を復活させる開発が進んでいるのなら、登場は2018年「秋」の可能性あり。

予想スペックは、

・R06A型直3ターボエンジン
・FFベースの4WD
・64ps/10.2kgm
・5速MT/5AGS

と、アルトワークスをベースとした開発をします。

ちなみに、名前も「カプチーノ」ではない可能性があって、ホンダ「ビート ⇒ S660」のように名称が変更されるかもしれません。楽しみです。^^


スポンサードリンク

 

 

新型カプチーノの予想ボディサイズ

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1200mm
ホイールベース:2460mm

エクステリアは、リアからフロントマスクにかけて、シャープにラインが下がっていく「スポーティなデザイン」を採用。インテリアは、「オープン2シーター」スタイル。

2018年モデルにふさわしい、「未来」的なデザインで登場です。

ちなみに「車重」は、新型軽量プラットフォームを採用し、2シーターモデルなので、4WDでも「700kg前後」

この車重なら、ライバルたちより100kg軽く、大きなアドバンテージを手にします。

 

新型カプチーノの予想パワートレーン

ユニット:直3DOHCターボ 658cc
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.2/3000rpm
ミッション:5速MT

旧カプチーノは、FR。新型カプチーノは、アルトワークスのパワートレーンを採用するので「FF」となります。

駆動方式に「4WD」を採用。

 

新型カプチーノの予想燃費&価格

燃費:22.0キロ
価格:180~210万円

価格は、アルトワークスが「150万円~」なので、格上のカプチーノは、「180万円程度~」の予想です。

 

軽オープン2シーター「ライバル」との比較

コペン

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1280mm

最高出力:64ps/6400rpm
最大トルク:9.4kgm/3200rpm

燃費:22.2キロ(5MT)
価格:182万円(最廉価5MT)

駆動:FF
車重:5MT 850kg

S660

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1180mm

最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.6/2600rpm

燃費:21.2キロ(6MT)
価格:198万円(最廉価6MT)

駆動:MR(ミッドシップ&リアドライブ)
車重:6MT 830kg

新型カプチーノ

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1200mm

最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.2/3000rpm

燃費:22.0キロ
価格:180万円

駆動:FF
車重:5MT 700kg

 

編集後記

旧・軽オープン2シーターも、これら3台(スズキ・ダイハツ・ホンダ)で争いました。

2018年以降、また、その「楽しさ」が戻ってくるかもしれません。

燃費不正問題を越え、信用を取り戻して、新型カプチーノ復活を遂げてほしいです。^^

軽オープンスポーツで、こんな景色を走ると最高ですよね^^

 

【動画】S660はマシンとの一体感を感じられるクルマ

スポンサードリンク