Read Article

スープラ新型2018年夏登場予想「BMW Z5シャシー共用」

2002年に生産終了のA80スープラ。

2016年6月3日に、トヨタは欧州で「スープラ」の名前を商標登録したというニュースも出ています。

いよいよ、復活に現実味をおびてきました。

発売予想では、2018年夏に「新型」となって復活。

次期スープラは、BMW Z4後継であるBMW Z5とプラットフォーム(シャシー)を共用。

次期スープラの概要

DSC00538

DSC00537

  • エンジン/デザインはトヨタブランド
  • プラットフォームはZ5のものを共用
  • 2.0Lターボ(2タイプ)&「V6」3.0Lターボ搭載
  • ハイブリッドなし
  • クーペスタイル
燃費:13~15キロ
価格:500~800万円

という内容。

詳しくは、以下で。

 

スポンサードリンク

 

新型スープラの予想スペック

2.0Lターボ

全長:4380mm
全幅:1860mm
全高:1300mm
ホイールベース:2480mm
エンジン:8AR-FTS直4ターボ
排気量:1988cc
最高出力:200ps/5000rpm
最大トルク:27.0kgm/1250rpm
ミッション:AT
燃費:15キロ
価格:500万円

 

3.0Lターボ

ボディサイズなど:同上

エンジン:V6ターボ
排気量:3000cc
最高出力:340ps/5800rpm
最大トルク:45.0kgm/1500rpm
ミッション:AT
燃費:13キロ
価格:800万円

 

新型スープラのエクステリア

 

エクステリアデザインは、縦に3分割された特徴的なフロントグリルを採用。

コンセプトFT-1のデザインでは、フロントグリル左右に大型エアインテークのみのデザイン。

しかし、スープラは中央にエアインテークを追加し3分割されたデザインを採用します。

いかつい雰囲気に包まれ、アグレッシブな印象です。

しかし、サイド&リアのデザインは一転、シンプルでスッキリした印象に。

同じく「86」もリアデザインが、拍子抜けするほどスッキリしているので、トヨタのスポーツモデルに共通するデザインコンセプトなのでしょう。

 

新型スープラのボディサイズ

コンセプト(FT-HS/FT-1)よりもサイズはコンパクトになっていますが、

このサイズに落ち着くのは次期BMW Z5のプラットフォームを共用するためです。

コンセプトモデルFT-1のイメージが次期スープラに近いです。

 

新型スープラのエンジン

新型スープラのボディデザインとエンジンはトヨタ製を採用。

3種類のエンジン

  • 2.0Lターボ(200ps)
  • 2.0Lターボ チューニングタイプ(255ps)
  • V6 3.0Lターボ(340ps)

を採用。

2.0Lターボ&2.0Lターボチューニングは、クラウン/レクサスISに搭載。

V6 3.0Lターボは、新開発エンジンとなり、次期LS/GS搭載。

これらエンジンの性能も、次期Z5と同等です。

 

新型スープラ登場までの流れ

2017年 東京モーターショー

または、

2018年デトロイトショー

にて、公開予定。

市販予定は、2018年秋とされています。

 

編集後記

購入する人にとって、魅力的にうつるのが、

  • 新型スープラなのか?
  • 次期BMW Z5なのか?

非常に興味があります。笑

エクステリアのクーペスタイルとオープンカーの違いで、おしゃれに乗るならBMW Z5いいですよね。^^

Return Top