Read Article

新型スープラ2018年秋発売予想「2.0Lターボ&V6 3.0Lターボ搭載」

次期スープラは、次期BMW Z4とプラットフォーム(シャシー)を共用します。エクステリアは、それぞれのメーカーがデザインし、スープラは2シータークローズドクーペ・Z4はオープンスタイルを採用。

【次期スープラ予想CG画像】

DSC00538DSC00537引用元:https://bestcarweb.jp/

次期スープラのモデルチェンジ予想情報

  • BMW製エンジン1:V6 3.0Lターボ
  • BMW製エンジン2:2.0Lターボ(2タイプ)
  • ハイブリッド搭載なし
  • プラットフォーム:Z4と共用
  • エクステリア:クローズドクーペ
  • フォーミュラカーのようなフロントマスク
  • 燃費:13~15キロ
  • 価格:500~800万円

スープラが15年超の時を経て新型スポーツとして復活します。次期型のライバルはフェアレディZです。

関連記事フェアレディZマイナーチェンジ2017「ヘッドライトにブラックハウジングを設定」

2016年6月3日、トヨタは「欧州でスープラの名前を商標登録した」というニュースが出ています。2018年1月のデトロイトショーにて世界初公開の予定で、市販は2018年秋とされています。

 

スポンサードリンク

 

次期スープラの予想スペック

2.0Lターボ
全長:4380mm
全幅:1860mm
全高:1295mm
ホイールベース:2480mm
エンジン:8AR-FTS 直4ターボ
排気量:1988cc
最高出力:200ps/5000rpm/250ps(2種)
最大トルク:27.0kgm/1250rpm
駆動:FR
トランスミッション:8速AT
燃費:15キロ
価格:500万円~600万円

 

3.0Lターボ
全長:4380mm
全幅:1860mm
全高:1295mm
ホイールベース:2480mm
車重:1350~1450キロ
エンジン:V6 3.0LDOHCターボ
排気量:3000cc
最高出力:340ps/5500rpm
最大トルク:45.9kgm/1380-5200rpm
駆動:FR
トランスミッション:8速AT
燃費:13キロ
価格:700万円~800万円

 

次期スープラのエクステリア

新型スープラ 新型スープラ21スープラ次期スープラ

 

エクステリアデザインは、フロントノーズを縦に3分割し、フォーミュラカーを連想させる形状を採用しています。また、フロント左右の大型エアインテーク周りはハの字に広がり、ワイド感を強調したデザインを採用します。(Z4はM字デザイン)

FT-1コンセプトデザインの段階では、「バンパー左右に大型エアインテークのみ」のデザインでした。その後、中央下部にエアインテークを追加し、3分割されたデザインになっています。

いかつい雰囲気に包まれアグレッシブな印象。サイド&リアのデザインは一転、シンプルでスッキリしたフォルムに。86も、同じくリアデザインはスッキリしています。

トヨタの次期スポーツ3モデル(S-FR/86/スープラ)に共通するデザインコンセプトなのでしょう。

 

次期スープラのボディサイズ

全長:4380mm
全幅:1860mm
全高:1295mm
ホイールベース:2480mm
車重:1350~1450キロ

兄弟車の86よりも全長は140mm長く、ホイールベースは90mm短くなるとの情報です(2017年9月現在)。次期BMW Z4同様、カーボンをボディに採用するので、車重は1350~1450キロの軽量になると予想されています。

参考:A80スープラのボディサイズ
全長:4520mm
全幅:1810mm
全高:1275mm
ホイールベース:2550mm
車重:1510キロ

 

次期スープラのインテリア

スープラ2

はっきりとした内装の姿は、まだ情報が出ませんが、BMW Z4と同じデザインパッケージを採用するとの情報。車両価格(500~800万円)から見てレクサスに近いので、かなり高級感に溢れ、質感の良いデザインになることは間違いありません。

 

次期スープラのエンジン

次期スープラのエンジンは、BMW製・3種類のエンジンを採用します。

  • V6 3.0Lターボ(340ps)
  • 2.0Lターボ(200ps)
  • 2.0Lターボ・チューニングタイプ(255ps)

V6 3.0Lターボは、BMW最新型5シリーズや340iに搭載されるエンジンで、トランスミッションは全車8速ATを採用します。

 

追伸情報

【おさらい】2002年に生産終了のA80スープラ

トヨタ・スープラトヨタ・スープラ2

国産初の6MTを搭載しツインターボ・280psを発生。SUPER GT・GT500クラスに参戦。当時のスカイラインGT-RやNSXと競技。2002年、その役割はレクサスSCへ引き継がれました。

次期スープラを購入する人に魅力的に映るのは、スープラなのか?BMW Z4なのか?興味があります。クーペとオープンの違いもあるし、スープラは最高級スポーツモデルという価値感・Z4はラグジュアリーな価値観を所有する違いがあります。

でも次期スープラは、先代よりもラグジュアリーな価値観(レクサス所有の価値観)寄りのモデルになりそうですね。

楽天
Return Top